今春のセンバツ1回戦(対横浜高、神奈川)、3回の第2打席で左翼線に適時二塁打を放った明豊高(大分)・野邊優汰の打撃フォーム。プロも注目する左腕、及川雅貴が投じたフルカウントからのスライダーを逆らわずに打ち返した。

確率を上げる「間」の取り方

 この直前のカウント3-1からはボールゾーンに曲がっていくスライダーを強振し、空振りしていた野邊。「引っ張りにいって目を切るのが早くなり、空振りしてしまった直前のボールへの対応を踏まえて、逆方向に打つイメージを決めてスイングしたような打ち方」と川崎絢平監督が評価する対応力を見せた。

写真/ベースボール・クリニック

「トップを決めてから振り出すときに、手が残って内側からスイングできる形になっている」ことが左対左の対戦では特に大事になると川崎監督。その「間」を取れたことがこの打席を制することにつながった。

野邊優汰(のべ・ゆうだい)
大分県・私立明豊中出身
173cm68kg/右投左打

関連記事

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.