中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「2020栃木県高校野球交流試合」は8月3日に全日程が終了した。

8強に作新学院ほか

 大会は8強までを決めるトーナメント方式で進められた。試合は7イニング制で、8回以降はタイブレークで勝敗を決した。
 8強には青藍泰斗、文星芸大付、白鴎大足利、佐野日大、足利大付、宇都宮商、作新学院、国学院栃木が勝ち上がった。

第1パート
1回戦
小山   3―0 足利清風
青藍泰斗 5―1 栃木翔南
栃木工  10―0 佐野東 (5回コールド)
足利工  13―3 宇都宮北 (5回コールド)
2回戦
青藍泰斗 5―4 小山
栃木工  4―3 足利工
3回戦
青藍泰斗 5―0 栃木工

第2パート
1回戦
那須清峰    5―1 那須拓陽
幸福の科学学園 1―0 茂木
宇都宮     5―3 高根沢
2回戦
那須清峰    4―2 幸福の科学学園
文星芸大付   5―1 宇都宮
3回戦
文星芸大付   8―0 那須清峰

第3パート
1回戦
栃木商   3―2 小山高専
真岡    4―1 栃木農
白鴎大足利 2―0 矢板
2回戦
佐野    1―0 栃木商
白鴎大足利 6―0 真岡
3回戦
白鴎大足利 10―0 佐野

第4パート
1回戦
佐野日大 1―0 鹿沼
鹿沼商工 4―1 烏山
矢板中央 3―2 小山南 (延長8回)
栃木   13―1 真岡北陵 (5回コールド)
2回戦
矢板中央 5―0 栃木
佐野日大 5―2 鹿沼商工
3回戦
佐野日大 9―5 矢板中央

第5パート
1回戦
石橋   5―4 大田原 (延長9回)
足利大付 7―0 佐野松桜
2回戦
小山北桜 9―7 石橋
足利大付 1―0 宇都宮短大付
3回戦
足利大付 11―0 小山北桜 (5回コールド)

第6パート
1回戦
小山西   11―0 鹿沼南 (5回コールド)
宇都宮商  15―3 黒磯 (5回コールド)
宇都宮短大付 6―3 壬生
2回戦
宇都宮商   7―1 今市工
小山西    2―0 今市
3回戦
宇都宮商   5―2 小山西

第7パート
1回戦
真岡工  11―0 宇都宮東 (6回コールド)
黒磯南  5―2 宇都宮清陵
黒羽   12―8 鹿沼東
作新学院 2―0 足利南
2回戦
黒羽   10―6 黒磯南
作新学院 10―0 真岡工 (5回コールド)
3回戦
作新学院 11―0 黒羽 (5回コールド)

第8パート
1回戦
宇都宮工 4―2 宇都宮白楊
足利   12―4 矢板東
宇都宮南 22―6 上三川 (6回コールド)
今市   12―0 益子芳星・那須・さくら清修 (5回コールド)
2回戦
国学院栃木6―2 宇都宮南
足利   5―2 宇都宮工
3回戦
国学院栃木11―1 足利 (6回コールド)

画像: 8強に作新学院ほか

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.