毎年恒例のスポーツカード大賞! 今回もディーラーズ座談会で決定します。連載第5回は、メモラビリアカード部門をお届けします。

〈参加ディーラー〉
佐伯 篤(SAトレーディング)
田村亮一(ミント神田店)
高橋高弥(ミント立川店)

 カードファンの皆様、1年ぶりのご無沙汰です!

 かつて「スポーツカード・マガジン」誌上で、2008年から行われてきたディーラーズ座談会も、とうとう12回目を迎えました。カード界のご意見番・佐伯篤氏を司会に、ミントからは、すっかりお馴染みとなった神田店の田村亮一店長と立川店の高橋高弥店長が今回も招集に応じてくれました。この顔合わせは2年連続2回目ということで、すっかり息の合った3人が繰り広げたトークバトル。

 平成から令和に変わった2019年を代表したのは、果たしてどんなカードなのか? 時おり脱線を繰り返しながらも、なんとか感動(?)のフィナーレを迎えた座談会の模様をお伝えします。全14回連載の第5回は、メモラビリアカード部門。皆さん、鳥肌にご注意を!

〈これまでの連載〉

「社高校コンボ」がおもしろい

佐伯 次は、【メモラビリアカード部門】です。

田村 メモラは年々減る一方ですよね。収録されているブランドもパッと思いつくものは、まず「GENESIS」で、他には「1stバージョン」、「2ndバージョン」の王道系か「GLORY」や「ルーキープレミアム」の高級版くらいですから。例年、この部門はエポックが変わり種を投入してきていたんですけど、2019年はパンチの効いたメモラはありませんでした。そういうわけでストレートに選ぶと、やっぱり「GENESIS」に1枚限定で入っていたスーパーパッチになってしまいますよね。

佐伯 「GENESIS」の中では何が一番良かったですか?

田村 (鈴木)誠也のキャップロゴの「C」でしょうね。

佐伯 他には?

高橋 実物は見たことはないんですけど、「GENESIS」に根尾選手、藤原選手、吉田選手のトリプルブックレットがありましたよね。

田村 あれはボールサインの組み合わせだったから、メモラというよりもサインじゃないかな。それなら「2ndバージョン」に入った近本と辰己の同窓コンボがよかったですよね。話題になったルーキー2人が実は同じ高校出身で、しかも兵庫県の社高という、あまり野球の有名な高校ではないということもあって、面白いところに目を付けたなと思いました。

高橋 「GENESIS」ではその2人のスーパーパッチでブックレットも作っていて、BBMから公開された画像は確認しましたけど、こちらも実物はなかなか見る機会がないですよね。

田村 あと、これは年度が違ってしまうかもしれませんが、最近出たばかりの「GLORY 2020」で根尾、吉田、小園、藤原のカルテットメモラがあったんです。それぞれの素材がきれいに4色に分かれていたのがよかったと思います。大体、白がかぶったりするんですよね。パッチ版もありましたし、これは現物を見ましたけど、非常によかったです。


This article is a sponsored article by
''.