毎年恒例のスポーツカード大賞! 今回もディーラーズ座談会で決定します。ついにこの時が来てしまいました。最終回! ついにスポーツカード大賞が決定します!

〈参加ディーラー〉
佐伯 篤(SAトレーディング)
田村亮一(ミント神田店)
高橋高弥(ミント立川店)

 カードファンの皆様、1年ぶりのご無沙汰です!

 かつて「スポーツカード・マガジン」誌上で、2008年から行われてきたディーラーズ座談会も、とうとう12回目を迎えました。カード界のご意見番・佐伯篤氏を司会に、ミントからは、すっかりお馴染みとなった神田店の田村亮一店長と立川店の高橋高弥店長が今回も招集に応じてくれました。この顔合わせは2年連続2回目ということで、すっかり息の合った3人が繰り広げたトークバトル。

 平成から令和に変わった2019年を代表したのは、果たしてどんなカードなのか? 時おり脱線を繰り返しながらも、なんとか感動(?)のフィナーレを迎えた座談会の模様をお伝えします。全14回連載の最終回は、ついに栄えある2019年スポーツカード大賞の決定です! 皆さん、鳥肌にご注意を!

〈これまでの連載〉

完璧すぎる提案で大賞が見事に決定!

佐伯 さあ、いよいよ【2019スポーツカード大賞】を決めましょう。

 今日のこれまでの流れなら、「平成」か「ラグビー日本代表カード」になりそうですけど、いかがでしょうか。

田村 やっぱり「平成」でしょう。高橋君、異論はありますか?

高橋 私は、ここではラグビーを推したいんですよね。

佐伯 私もラグビーでもいいと思うけど、総合的に考えるとやっぱり「平成」に軍配が上がるかなあ。今回は本当に難しいですよ。甲乙つけがたい。

高橋 新しい令和の時代だからこそ、ラグビーがふさわしい気がするんです。

田村 令和元年に「令和」っていう商品は出せませんからね。まだ何も起こってないんだから(笑)。でも、高橋君の言いたいこともよく分かります。

高橋 正直、どちらも選びたいです。

田村 ラグビーについては、BBMがいままでトップリーグカードを出し続けてきた積み重ねが、ここでようやく花開いた感はありますよね。

佐伯 BBMというより、これまでラグビーに関わってきたみんなの努力が報われましたよね。ラグビーというスポーツそのものが花開いたという気がします。

田村 そういうことなんですよ。これが2019年の“スポーツ大賞”なら、ラグビーのほうがふさわしいかもしれないです。「平成」は、BBMが自ら企画して、絶好のタイミングで、しかも文句のつけようのないものを出してきた。“スポーツカード大賞”ということなら、「平成」のほうが広く喜ばれたんじゃないかと思うんです。

佐伯 私も「平成」のほうが、やや有利かと思います。

高橋 確かに、売れたボックスの総数は「平成」のほうが多いですからね。

佐伯 それとも、2019年は平成31年と令和元年の年なんだから、平成31年のスポーツカード大賞が「平成」で、令和元年のスポーツカード大賞はラグビーということにしませんか?

田村 それはうまいですね! 完璧ですよ。さすが佐伯さん!

佐伯 やっぱり両方とも外せないですから。

高橋 ありがとうございます!

田村 きれいにまとまりましたね。

佐伯 というわけで、それでは皆さん、長い時間、お付き合いをいただき、ありがとうございました。本日は、これにて閉会です!

☆2019スポーツカード大賞☆

[平成31年]

BBMスポーツトレーディングカード「平成」

画像1: 完璧すぎる提案で大賞が見事に決定!

「BBMが自ら企画し、絶好のタイミングで、文句なしのものを出した」(田村)

[令和元年]

BBM日本ラグビーカード2019「BRAVE BLOSSOMS」

画像2: 完璧すぎる提案で大賞が見事に決定!

「新しい令和の時代だからこそ、ラグビーがふさわしい」(高橋)


This article is a sponsored article by
''.