ラウンドワンスタジアム堺中央環状店(堺市東区)で開催されていた「ROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING 2019 JPBA決勝大会」が終了しました。
姫路麗(33期)が通算20勝に到達し、ついに永久シードを獲得。
各部門の優勝者は次の通りです。

【レギュラー部門】
男子 渡邊雄也(52期、グランドボウル)初優勝
女子 姫路麗(33期、フタバボウル)今季2勝目、通算20勝(女子9人目の永久シード)
【シニア部門】
男子 岡野秀幸(42期、ミスズボウル)初優勝
女子 近藤文美(21期、ダイトースターレーン/ハイ・スポーツ社)通算15勝目(09年のプリンスカップ以来10年ぶり)
【グランドシニア】
男子 斉藤正典(12期、江の島ボウル/レジェンドスター)通算11勝目(1998年の栃木オープン以来21年ぶり)
女子 時本美津子(7期、相模原パークレーンズ)通算34勝目(14年のプリンスカップ以来5年ぶり)

画像: 20勝の喜びを語る姫路 写真:金城聖子

20勝の喜びを語る姫路 写真:金城聖子

おすすめ記事

ボウリング・マガジン 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.