JPBA2019レギュラーツアー最終戦「HANDA CUP」・第51回全日本女子プロボウリング選手権が東大和グランドボウル(東京都東大和市)でスタート。12日の予選初日はPARTⅠ(8G)が41フィートのミディアムオイルパターンで行われました。

 トップに立ったのは坂本かや(49期)で1,890(AVG236.25)。2位に寺下智香(47期)で、 1,847(同230.87)、3位には姫路麗(33期)が1,816(同227.00)で続いています。
予選通過ライン(24位)のスコアは1,632(同204.00)です。

 最終戦を前にポイント・獲得賞金部門のトップを確定させている姫路。アベレージ部門は2位で、トップの寺下とは1.2ピン差。今大会でトップを奪取し、逆転での3冠女王を目指しています。

明日以降のスケジュールは次の通りです。
13日 予選PARTⅡ(8G)オイルパターン/ロング(47フィート)
   予選PARTⅢ(8G)オイルパターン/ショート(35フィート)
14日 準決勝(12G)・決勝(全日本方式ステップラダー)
   オイルパターン/ミディアム(41フィート)

おすすめ記事

ボウリング・マガジン 2020年1月号


This article is a sponsored article by
''.