今週は火曜発売(一部地域はことなります)となる週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の月曜に紹介します。

今週号の表紙は馳浩、諏訪魔とのプロレス界緊急トップ会談をおこなった棚橋弘至です。先週号既報通りプロレス界7団体の選手&フロントが馳議員に今回のコロナ禍におけるプロレス界からの要望書を提出。その後、馳議員が棚橋、諏訪魔を呼んで3人で会談をもちました。主なテーマはプロレス界の統一コミッショナー設立について。馳議員を仲介して新日本、全日本のトップ選手2人はなにを語ったのか!? 必読です。

残念ながら今年は中止となってしまいましたが、ゴールデンウイーク恒例の新日本プロレスの「レスリングどんたく」の歴史をプレイバック。90年代にスタートしたビッグイベントは途中未開催の年もありながら、20年以上続くプロレス界の風物詩。どんたく大会初期の主役である武藤敬司インタビューなどで歴史ある大会を振り返ります。

月イチ恒例のアルバムシリーズ、今月は1月に亡くなったケンドー・ナガサキさんを20ページで大特集。武藤、小鹿ら縁の深い選手証言ほか、ナガサキさんの歴史をまとめてあらためて故人を偲びます。大日本は延期になっていた「一騎当千」決勝トーナメントを無観客試合で開催。橋本大地の優勝で幕を閉じた決勝戦ほか、TVマッチ2大会を詳報。

そのほかSTAY HOME企画、紫雷イオインタビュー、無観客試合のアイスリボンリポートなど。今週は水曜祝日のため火曜発売(一部地域は発売日は異なります)。

緊急トップ会談 諏訪魔(全日本プロレス)×馳浩(衆議院議員)×棚橋弘至(新日本プロレス)「プロレス界にプラットフォームを!」

画像: 緊急トップ会談 諏訪魔(全日本プロレス)×馳浩(衆議院議員)×棚橋弘至(新日本プロレス)「プロレス界にプラットフォームを!」

先週号既報通り4月15日にプロレス界7団体の代表選手&フロントが馳浩衆議院議員に対して要望書を提出。新型コロナウイルス感染症の影響で大会自粛など大きなダメージを受けているプロレス界の実情を聞いたうえで、馳議員は統一コミッション設立を提唱。要望書提出を受け取ったあと議員室に棚橋弘至と諏訪魔を呼んで会談をもった。話の中心はコミッショナー設立ついて。プロレス界の緊急トップ会談で話された内容は!?(湯沢)

馳「今日は木谷さんが音頭を取ってくださったおかげで、こうやって皆に直接来ていただくことができてよかったと思います。我々選手、そして団体、興行関係者も心配しているのでできる限り報道して、そういう方々に(政府は)プロレス界に協力して対応してますということをお伝えくださいよ。(承知いたしました)週刊プロレスが頼みだから(笑)。いま言えるのはまず非常事態宣言が出ている5月6日までの活動自粛はやむを得ない。その先をどう判断するかは苦しい判断。である以上は休業補償。今後、収束宣言が出たあとにV字回復できる準備。そのためには会社が存続していないといけない」

棚橋「それが一番重要です」

詳細は4月28日(火)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

「週刊プロレスmobileプレミアム」では、従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

価格はなんと月額999円(税別)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の「週刊プロレスmobile」の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

さらに、2015年9月より約4年間分の「週刊プロレス」のアーカイブも閲覧できます(一部を除く)。その他のバックナンバーも随時、追加中。各号に目次機能もついており、読みたいページにすぐアクセスできます。また、ワード検索もあり、お気に入りの選手や団体の記事にすぐたどり着けます。

登録方法は簡単3ステップ! 週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

プロレスファンにとって超お得な「週刊プロレスmobileプレミアム」を、ぜひご利用ください!

「週刊プロレスmobileプレミアム」の詳しい情報はこちら


This article is a sponsored article by
''.