※上の写真=ファイナル優勝を果たしたサンフレッチェ広島F.Cユース
©桜井ひとし

【高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル】
日時:2018年12月15日(土)13:00キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002
結果:鹿島アントラーズユース(EAST王者) 
   1×2
   サンフレッチェ広島F.Cユース(WEST王者)
得点者:鹿島=杉山眞仁(64分)
    広島=鮎川峻(37分)、大堀亮之介(53分)

『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル』が12月15日に行なわれ、EAST王者の鹿島アントラーズユースとWEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユースが対戦。前半に2点を先行した広島が、鹿島の反撃を1点に抑えて2-1で勝利。沢田謙太郎・監督率いる広島が、2012年以来、3度目となる優勝を飾った。
(情報提供:日本サッカー協会)

画像: EAST王者の鹿島アントラーズユース(右)とWEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユースが対戦した今年のプレミアリーグ ファイナル ©桜井ひとし

EAST王者の鹿島アントラーズユース(右)とWEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユースが対戦した今年のプレミアリーグ ファイナル ©桜井ひとし

画像: 37分、左サイドからのクロスを頭で合わせて先制点を奪った広島の鮎川峻 ©桜井ひとし

37分、左サイドからのクロスを頭で合わせて先制点を奪った広島の鮎川峻 ©桜井ひとし

画像: 53分、相手のハンドで得たPKを大堀亮之介が決めて広島が2点目を挙げた。このあと鹿島に1点を返されるが、2-1で広島が勝利した ©桜井ひとし

53分、相手のハンドで得たPKを大堀亮之介が決めて広島が2点目を挙げた。このあと鹿島に1点を返されるが、2-1で広島が勝利した ©桜井ひとし

画像: 2016年はWEST優勝、17年は同2位、そして2年ぶりにWESTを制して臨んだ今年のファイナルでは自身初優勝を収めることととなった沢田謙太郎・監督

2016年はWEST優勝、17年は同2位、そして2年ぶりにWESTを制して臨んだ今年のファイナルでは自身初優勝を収めることととなった沢田謙太郎・監督

<監督コメント>

熊谷浩二・監督(鹿島アントラーズユース)
「2失点でプランが崩れてしまいました。(広島の攻撃を)少し受けてしまったというというのが正直なところです。行こうとする選手とポジション的に受けてしまった選手がいて、前半はチーム全体のベクトルが合いませんでした。後半も立ち上がりに失点してしまい、『交代選手を使いながらゲームを進める』というプランが崩れました。このチームは最初、『あまり期待されていない』と言われるようなチームでした。ただし、私自身は個人個人の可能性を感じていました。どう同じ方向を向かせるかという中で、少しずつ結果を残しながら徐々にここまで来ました。ここまで来られたという成長の部分と、やはり足りなかった部分に目を向けて次のステップへ歩んでいってほしいです」

沢田謙太郎・監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
「やることが分かっていても実行することは難しいものです。こういう大きな舞台で選手たちはよく力を発揮してくれました。勝てたことは選手たちの自信になると思います。森山佳郎・監督時代、またその前からサンフレッチェのユースは一目置かれているチームとして着々と実績をつくり、選手も輩出してきました。選手に『サンフレッチェのユースに行きたい』と思わせるには、活躍することが大切だと思っていました。ただそれは簡単ではありませんでした。監督1年目のときの選手たちが最も力がありましたが、力があってもチームの力にならないと活躍できないとあらためて思いました。ユースはそういう力を結集して今までこういう場に立っていたんだと思い、やり続けてきました。今年はリーグも含めてきつい時期を越えて、最終戦で優勝を決め、今日も危ないシーンがたくさんありました。最後、なんとかみんなで優勝できたという意味では、今までサンフレッチェが大事にしてきたものを少しでもつなげることができるのではないかと思い、少し安心しています」

画像: 2年ぶりにファイナル(当時の大会名はチャンピオンシップ)に進出した広島。2点を先行して試合を優位に進め、優勝を手にした ©桜井ひとし

2年ぶりにファイナル(当時の大会名はチャンピオンシップ)に進出した広島。2点を先行して試合を優位に進め、優勝を手にした ©桜井ひとし

画像: 大会MVPに輝いた広島の鮎川峻 ©桜井ひとし

大会MVPに輝いた広島の鮎川峻 ©桜井ひとし


This article is a sponsored article by
''.