マラソン指導者の瀬古利彦氏と京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥氏の講演・対談が9月11日、東京都新宿区の早稲田大学国際会議場で開催される。東京五輪代表選手を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC=9月15日)を前に、瀬古氏と市民ランナーでもある山中氏が熱く語り合う。

写真上=マラソン指導者の瀬古氏(左)と京都大学iPS細胞研究所長で市民ランナーでもある山中氏(右)が人生とマラソンを語り合う

 講演では、日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古氏がMGCの見どころを、山中氏がiPS細胞研究の最前線について講演。続く対談では、それぞれが体験した挫折や転機、人生の師、家族、二人が目指す金メダル――などについて語り合う。

日時:9月11日(水)午後6時~8時半(5時半開場)
会場:早稲田大国際会議場(井深大記念ホール)。東京メトロ早稲田駅から徒歩10分
入場料:3000円(全席自由、未就学児入場不可)

入場券の購入はチケットぴあ(0570-02-9999、Pコード643-180)にて。定員400人になり次第発売終了。

問い合わせ:
毎日新聞社事業本部(03-3212-0186=平日午前10時~午後5時)
主催 毎日新聞社/共催 早稲田大学

陸上競技マガジン 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.