法大が自信をもって送り込む山のエースだ。2大会前には5区で区間新記録を樹立。前回は同区3位に甘んじたものの自身の前年の記録を上回った。坪田智夫監督が「昨年までとは別人」というほど走力を上げた1年の締めくくりとして挑む最後の箱根。区間記録を取り戻し、チームを高みに引き上げる。

写真上=青木は5区の覇権を奪回し、チームを高みへと導く
撮影/馬場高志(陸上競技マガジン)

 「4年生になって背負うものができた」

 そう青木は言う。春に卒業したひとつ上の学年には有力選手が多く、全日本、箱根ともシード権を残して卒業していった。自分たちも同じようにしなければならないと強く感じるようになったことが今年の変化だ。競技に対する向き合い方も変わり、以前以上に結果を貪欲に求めるようになった。しかし春シーズンはその思いが空回り。3000m障害でユニバーシアードを目指したが体調不良でそれが果たせず、関東インカレ同種目も2位に終わっている。

 しかしその後、自分の気持ちをうまくコントロールできるようになり、次第に調子も上がっていった。3000m障害では2度の自己ベスト更新。これまでの競技人生で毎年、夏合宿では故障していたが、今年はケガなく過ごした。

「メンタル面が成長したと思います。勝つためにどうすればいいかを冷静に考え、取り組めるようになりました。その結果、スピードもスタミナも以前よりつきました」

 11月の全日本は最終8区で出場。しかしタスキを受けたのは15位。シードとなる8位までのタイム差を計算し、前半から攻めた。惜しくもシードには届かなかったが、ただがむしゃらに突っ込むのではなく、冷静に考えながら走れるようになったことも成長の証だ。

 今回の箱根も5区を走ることは間違いない。

「前回負けた浦野(雄平、国学院大4年)君、西田(壮志、東海大4年)君も力をつけていますし、どの選手が上ってくるか分からないのが山の怖さ。すべての選手を意識しつつ、この2人には勝ちたいと思います」

 ただ本当のライバルは別にいる。それは法政大のエースであり、同学年の佐藤敏也だ。4年間切磋琢磨してきた仲間であり、青木が負けたくない相手と明確に意識する選手だ。しかし今回、佐藤は体調不良でエントリーから外れた。その思いも背負って走る。

「まだ大学で自分の走りに満足したことが一度もないので、最後は満足できる走りをしたいです」

 狙うタイムは5区で1時間9分前半から8分台。もちろん区間新記録だ。仲間のため、後輩のため、そして自分のために。青木の最後の箱根は特別なものになる。

青木涼真

あおき・りょうま◎1997年6月16日生まれ、埼玉県出身。鷲宮東中→春日部高(埼玉)。166cm、56kg。自己ベスト10000m28分59秒52

文/加藤康博

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年1月号

箱根駅伝2020完全ガイド
陸上競技マガジン1月号増刊


This article is a sponsored article by
''.