6月2日発売の「大学駅伝2020春号」に掲載している「本誌ライターが選ぶ 忘れじの区間別箱根駅伝最強ランナー ~往路編~」を一部紹介! 長年、現場で取材し続けている本誌ライター陣に、箱根駅伝往路ランナーを独断で選んでもらった。3区で名前の挙がった9人のランナーのなかから票数トップ3を紹介する。

3区最強ランナーに選出された上位3選手。右から設楽悠太(東洋大)、竹澤健介(早大)、イェゴン・ヴィンセント(東京国際大)
撮影◎BBM

1位は、6名全員が選出。北京五輪10000m代表のこの選手!

竹澤健介(早大)
第84回大会・2008年 総合2位 3年時/区間1位
第85回大会・2009年 総合2位 4年時/区間1位=区間新

画像1: 撮影◎BBM

撮影◎BBM

ライター陣からは、「すさまじい集中力の持ち主」という声も。現役大学生として54年ぶりにトラック長距離で五輪出場を果たした選手である。

2位は、2名が1位に選出。当時、双子の箱根ランナーとしても話題になったこの選手!

設楽悠太(東洋大)
第87回大会・2011年 総合2位 1年時/区間8位
第89回大会・2013年 総合2位 3年時/区間1位
第90回大会・2014年 総合1位 4年時/区間1位

画像2: 撮影◎BBM

撮影◎BBM

選出理由として、「粘り強い走り」「エース級の走りでチームを総合優勝へ導いた」という声も。2年時は、7区区間1位の好走。区間記録も更新した。

3位は、今年の箱根駅伝で世界レベルの走りを見せたこの選手!

イェゴン・ヴィンセント(東京国際大)
第96回大会・2020年 総合5位 1年/区間1位=区間新

画像3: 撮影◎BBM

撮影◎BBM

ライター陣からは、「区間記録を2分1秒も更新!」「神がかり的」という声も。東京国際大初のトップ中継を実現した。

 箱根駅伝一の景勝地である3区。紹介した3人のほかにも、1区でも登場した佐藤悠基(東海大)や昨年区間記録を更新した青山学院大の森田歩希も選出された。

 次回は、4区の最強ランナーを紹介。3区で選出されたほか6人のランナーや、ほかの区間の結果が気になる方は、大学駅伝2020春号をチェック!

構成/陸上競技マガジン編集部

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年6月号


This article is a sponsored article by
''.