横浜DeNAランニングクラブが選手の育成と長距離競技の長期的な発展を目的として2016年度に設立した下部組織「横浜 DeNAランニングクラブアカデミー 」。 このたび、第一生命と業務委託契約を締結し、8月からU-15クラスで新たに女子のカテゴリーを開設する。

設立以来、選手の年代に応じて必要かつ適切な指導を長期視点で行い、「走ることが好き」という感覚を大切に、競技力だけでなくアスリートに必要な人間力を育成する指導を行ってきた「横浜DeNAランニングクラブアカデミー」。

U-12クラスの女子アカデミー生から「中学生になってからも専門的に陸上競技に取り組みたい」という要望を受け、長距離女子実業団の名門である第一生命グループ女子陸上競技部の協力を得て、U-15女子カテゴリーを創設し、リオ五輪女子マラソン日本代表の田中智美(第一生命)と女子5000m元日本記録保持者の原田泰子がコーチに就任して指導に当たる。

田中コーチは「『夢』に向かって自分の成長を信じ続け、大きなチャレンジができる選手の育成を目指します。私自身も皆さんとともに成長し続けられるようにがんばります!」と意気込みを語った。

▼U-15女子カテゴリーへの入会方法

・入会方法:セレクション(オンライン面接)で選考
・セレクション開催日:
①2020年6月28日(日) ②7月5日(日) ③7月12日(日) ④7月19日(日) ⑤8月9日(日)
・対象学年:中学1年生および2年生の女子
・申込方法:セレクションエントリーフォームから申し込む

https://running.dena.com/academy/u15 selection/

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年6月号


This article is a sponsored article by
''.