close

2020-10-27

井上尚弥、聖地登場へ《Last 5days》 これもスターのお仕事です

リングの端から端まですらりと並べられたグローブに……

全ての画像を見る
 さあ、“モンスター”登場までカウントダウン開始だ──。聖地ラスベガス初登場戦まで1週間を切ったWBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥(27歳=大橋)。体重調整もいよいよ大詰めとなった現地の様子は──

 前日(現地時間25日)は日曜日。日本にいるときと同じスケジュールで、1日オフを取った尚弥は、例によって弟・拓真、従兄の浩樹さんの“トリオ”でしっかりと息抜きをしたはずである。

 明けて月曜日。到着してからいちばんの寒さとなったラスベガスの最高気温は15℃。そして予想どおり、乾燥状態もかなりのもので、尚弥自身がSNSにアップしていた数値はなんと湿度6%! 普通に過ごしていても、からっからになる空気だ。


心をこめて、丁寧に書き入れていく

 この日はトップランクジムで、現地メディアからのオンライン取材を受けた。取材時間は、3社それぞれが個別に各15分ずつ。試合直前ということもあって、質問内容は当然重複してしまうのだが、尚弥はイヤな顔ひとつせず、それぞれに丁寧に応えた。
 そして1時間近くに及んだ取材の後は、プロモーションの一環としてグローブ30個にサイン入れ。これもまた、スターに課せられた、れっきとした仕事。一つひとつに入念に書き入れていく。

“スターのお仕事”をきっちりとこなした尚弥は、そうして“本チャン”であるジムワークに2時間あまり没頭していったのであった。

ボクシング・マガジン 11月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月15日発売BBM0292011A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE【10.31ラスベガス展望大特集】井上尚弥「前半から中盤で倒す!」ジェイソン・マロニー「バンタム級の誰にでも勝てる」【展望...

写真提供_大橋ボクシングジム

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事