close

2020-10-30

【アメフト】関東大学TOP8 早大・立教大戦中止で、順位・順列はどうなるか探った

第1節の桜美林大対早大戦。早大が9-6で桜美林大を破った=2020年10月17日、撮影:小座野容斉

全ての画像を見る

アメリカンフットボールの関東大学1部TOP8で、11月1日の早稲田大学-立教大学戦が中止となった。この中止が今季の結果にどう結びつくのか、関東学生アメリカンフットボール連盟(KCFA)の公式サイトの発表をもとに探った。


 KCFAは「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止とした試合には勝ち点を付けないこと、またチームによって試合数が異なることが予想されたことから、順位は今年限りのものとし、来年のリーグ・ブロック編成には反映しないことにしています」と、改めて発表した。
 
 その上で、今季の順位順列について、「勝ちを3点、引き分けを1点、負けを0点とし、勝ち点の多いチームを上位とする」としている。勝ち点が等しい場合は、「(1)勝ち数が多いチームを上位とする。(2)当該校間に限っての、勝ち点が多いチームを順列で上とする」としている。また今季に限っての措置として、「延長タイブレイクは行わない(引き分けとする)」ということも決まっている。

 明大(勝ち点3、立教大戦で1勝)がBブロック首位となるのは以下の場合。
第2節の桜美林大戦に勝利、第3節の早大戦で勝利⇒勝ち点9
第2節の桜美林大戦に勝利、第3節の早大戦で引き分け⇒勝ち点7
第2節の桜美林大戦で引き分け、第3節の早大戦で勝利⇒勝ち点7
第2節の桜美林大戦で敗戦、第3節の早大戦で勝利 かつ桜美林大が立教大に引き分けか敗戦⇒勝ち点6
第2節の桜美林大戦、第3節の早大戦で連続して引き分け⇒勝ち点5

 早大(勝ち点3、桜美林大戦で1勝)がBブロック首位となるのは以下の場合。
第3節の明大戦に勝利⇒勝ち点6
勝ち点で並ぶ可能性があるのは、明大か桜美林大となる。「(2)当該校間に限っての、勝ち点が多いチーム」を適用

 桜美林大(勝ち点0、早大戦で1敗)がBブロック首位となるのは以下の場合。
第2節の明大戦、第3節の早大戦に連勝 かつ明大が早大に引き分けるか勝利⇒勝ち点6
「(2)当該校間に限っての、勝ち点が多いチーム」を適用

 以下の場合は明大、早大、桜美林大の3校が勝ち点4で並ぶ。
第2節の明大-桜美林大戦で桜美林大が勝ち、
第3節の明大ー早大戦が引き分け
第3節の桜美林大ー立教大戦が引き分け
「(2)当該校間に限っての、勝ち点が多いチーム」を適用、早大がBブロック順列1位となる。

 立教大(勝ち点0、明大戦で1敗)は、第3節で桜美林大に勝った場合に勝ち点3となる。Bブロックの残り試合がすべて行われる場合は、首位の可能性がなくなった。


第1節の立教大対明大戦。明大が21-13で立教大を破った=2020年10月11日、撮影:小座野容斉
第1節の立教大対明大戦。明大が21-13で立教大を破った=2020年10月11日、撮影:小座野容斉


KCFAの『2020年度競技運営細則』から抜粋





PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事