close

2020-12-11

【陸上】日本GPシリーズWinnerが決定 日本選手権で日本新&五輪代表内定の相澤晃、新谷仁美

日本グランプリシリーズWinnerの相澤(左)と新谷(右)。東京オリンピック10000mの日本代表に内定している

3年目を迎えた日本グランプリシリーズ。全種目のなかでパフォーマンスポイントが最も高い男女選手に贈られる「日本グランプリシリーズWinner」が、12月4日の日本選手権・長距離10000mで日本新&優勝で、東京五輪代表に内定した相澤晃(旭化成)、新谷仁美(積水化学)に決定した。

 今季はグランプリプレミア4大会、グランプリ大会9大会の計13大会が行われる予定だったが、今季は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、グランプリ4大会(山口、大阪、北九州、新潟)を開催。セイコーゴールデングランプリ、日本選手権、同・混成競技、同・長距離が特別指定競技会の対象となった。

 男子日本グランプリシリーズWinnerの相澤は日本選手権・長距離10000mで527分18秒75をマークしてパフォーマンスポイント1326.0pt、女子日本グランプリシリーズWinnerの新谷は同10000mで30分20秒44を記録して同1359.0ptを獲得した。

陸上競技マガジン 1月号

写真/中野英聡、毛受亮介

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事