close

2020-12-10

【箱根駅伝の一番星】日本選手権で日体大記録更新のエース、池田耀平は2区で日本人トップを目指す

陸マガの箱根駅伝カウントダウン企画「箱根駅伝の一番星」は出場20校の注目選手を紹介。日体大の池田耀平(4年、島田高・静岡)は、箱根予選会で日本人3番手となり、日本選手権長距離10000mで日体大記録を更新し、名実ともにエースに。箱根では花の2区で流れを引き寄せると意気込む。

エースとしての自覚

 2年連続のシード落ち。前回はタスキが最後までつながらず、10区で繰り上げスタートの屈辱まで味わった。5連覇を含む通算10回の総合優勝を誇る名門の看板に憧れて、日本体育大に入学してきた池田耀平にとっては、想像もできなかった現実である。

「こんなはずじゃなかったです」

 2年生から2年連続で1区を任され、昨年度は区間3位。個人としては手応えを得たものの、駅伝はチームの成績がすべてである。4年目を迎え、改めて実感している。

「もう悔しい結果で終わりたくないんです」

 今年度は周囲にも気を配るようになった。普段の練習から積極的に下級生の成長を促している。

「チームの中で往路を走れる選手をひとりでも出したいと思って、練習から引っ張っています」

 エースとしての自覚も芽生え、「学生トップレベルの選手たちと競い、足でチームをけん引する」と、誓いを立てた。10月の箱根駅伝予選会では日本人トップを狙い、果敢にレースを進めた。日本人3番手という結果に本人は納得しなかったものの、エースとしての重責は果たしたと言ってもいい。11月の全日本大学駅伝でも2区で区間3位と快走し、安定感のある走りを見せた。

 伊勢路から戻ると、箱根に向けてすぐに気持ちを切り替えていた。どん欲に練習に励む姿勢は変わらず、さらならスピード強化にも余念がなかった。箱根駅伝までのトラックレースで「タイムをしっかり出す」と意気込んでいた。目標は10000mで28分15秒切りだった。

 そして、迎えた11月14日の日体大記録会で28分10秒57の自己ベストをマーク。勢いはここで止まらなかった。12月4日の日本選手権に出場すると、驚きのタイムを叩き出す。

 27分58秒52。

 かつて池田も憧れたOBの北村聡(28分00秒22、現・日立女子コーチ)と服部翔大(28分22秒79、現・日立物流)のタイムを飛び越えて、日体大歴代記録まで更新したのだ。名実ともに名門のエースとして、全国にその名前を轟かせた。

 すでにラストランのイメージはできている。強い日体大のエースとして、花の2区で「日本人トップを目指す」と公言。コースレイアウトもほぼ完璧に頭に入っており、目標タイムも明確に定める。ターゲットは1時間7分台前半だ。

「留学生にも食らいついていきます。前回大会、東京国際大の伊藤達彦さん(現・Honda)が見せたような走りが理想です(5人を抜いて区間2位)。僕のところで流れを一気に引き寄せます」

 飛ぶ鳥を落とす勢いをチームにも還元するつもりだ。

全日本大学駅伝では2区で11人抜きの区間3位
3年時まで三大駅伝はすべて1区を任されていた池田。全日本大学駅伝は初の2区で3位と快走

いけだ・ようへい◎1998年6月22日、静岡県生まれ。164cm・49㎏、A型。島田一中→島田高(静岡)。自己ベストは5000m13分57秒82、10000m27分58秒52、ハーフ1時間01分36秒(すべて2020年)。10000mとハーフは日体大記録。箱根は2年時1区12位、3年時1区3位。卒業後はカネボウで競技を継続する

陸上競技マガジン 1月号

文/杉園昌之 写真/中野英聡

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事