close

2020-12-18

ラグビーが好きやねん(鎮勝也/著)

BBM1140082
四六判並製・384頁
定価 1,650円(税込)
ISBN:978-4-583-11330-2 C0075








Contents
ラグビーが育んだ、関西の人々のものがたり。
ラグビーマガジンのWEBサイト、ラグビーリパブリック『ラグリパWEST』にて好評連載中の、関西のラグビー情報から選び抜いた珠玉のコラム集。
ラグビーに対する尊敬と愛情がたっぷり詰まった一冊になっている。新たに5本の書下ろしを挿入。

【目次】
はじめに
2020・11 孫と祖父   小村真也・山口良治
2020・11 校長先生は忙しい   土井崇司
2020・11 ラグビーが好きやねん  山中亮平
2015・7・13 常翔学園はなぜスクラムにこだわるのか。
2017・6・27 トモ、代表から戻る。  トンプソン ルーク
2018・2・8 創部90年から先へ。  新日鉄住金八幡
2018・9・6 ラグビーに見る尊敬の仕方。  ロビー・ディーンズ、フラン・ルディケ
2019・9・25 ラグビーの伝道師  横井章
2020・1・6 チームを受け継ぐものとして  枝吉巨樹
2020・1・7 連覇の夢、断たれる。  大阪桐蔭
ほか計55のコラム集。

【著者紹介】
鎮勝也(しずめ・かつや)/著者
スポーツライター。1966年生まれ。大阪府吹田市出身。6歳から大阪ラグビースクールでラグビーを始める。大阪府立摂津高校、立命館大学を卒業。在阪スポーツ新聞2紙で内勤、外勤記者をつとめ、フリーになる。プロ、アマ野球とラグビーを中心に取材。ラグビーマガジン、ラグビーリパブリック「ラグリパWEST」にて、関西のラグビー情報を発信している。著書に「花園が燃えた日」(論創社)、「君は山口高志を見たか 伝説の剛速球投手」(講談社)、「二人のエース 広島カープ弱小時代を支えた男たち」(講談社)がある。

原愛梨(はら・あいり)/表紙 題字
1993年10月2日生まれ。福岡県出身。2歳から書道を始め、最年少で文部科学大臣賞受賞。多様な観点での文字を使った書道アートでスポーツの作品をメインにTwitterに投稿したところ、各界のスポーツ選手から大きな反響を呼んだ。親しみやすい性格と、天真爛漫なキャラクターを武器に、メディアやイベント、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍する今注目の若手書道アーティスト。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事