close

2020-12-21

【箱根駅伝の一番星】「伸びる要素しかない」逸材、法政大学・松本康汰は持ち味のスピードで次代のエースへ

箱根予選会では自己ベストでチーム3番手だったが、決して満足していない 写真/JMPA

全ての画像を見る
陸マガの箱根駅伝カウントダウン企画「箱根駅伝の一番星」は出場20校の注目選手を紹介。法政大学の松本康汰(2年)は将来のエース候補。初めて臨む箱根駅伝で、持ち前のスピードを生かした走りを見せ、存在感をアピールしたい。

憧れの同郷の先輩を目指して

「まだまだ伸びる要素しかありません。昨年までうちにいた佐藤敏也(現・トヨタ自動車)の2年生の頃と比較しても、能力、練習の消化具合などすべてで勝っています。近い将来、エースとなることは間違いないので、どこまで成長するか、私も本当に楽しみにしています」

 佐藤と言えば昨年度、関東インカレ5000m、10000mで日本人トップを取った世代を代表するスピードランナー。その2年時に比肩するどころか、上回ると坪田智夫監督が期待を込めて語る選手が松本康汰(2年)だ。

 箱根駅伝予選会は1時間03分09秒の自己ベストでチーム3番手の79位。1年時の11月に走った初のハーフマラソンは1時間15分台だったが、今年2月の神奈川ハーフでは1時間05分45秒で走り、コロナ禍においても黙々と鍛錬を続けてきた。

「今回の予選会は、チームとして序盤は抑えめに入り、後半にペースを上げていく作戦を取りました。自己ベストが出てうれしかったですが、前半から攻めていたらもっと記録が出せたかもしれません」と松本。すでに次のハーフを楽しみにできるほどに自信をつけている。

 スタミナ面での成長が見られる松本だが、武器は佐藤同様、スピードだ。今季の飛躍も昨年まではギリギリでこなしていたスピード練習を、余裕を持って取り組めるようになった点にあると本人は言う。エースの鎌田航生(3年)とインターバルトレーニングで競い合う場面も多く、それが自信につながっている。

 予選会後は積極的に記録会に参戦してきた。スピードランナーらしく1500mから入り、5000m、10000mとすべてで自己ベストを更新。特に10000mでは前を引く場面も多い中での28分56秒35。「28分30秒の力はもうあるでしょう」と指揮官もタイム以上の強さがあると認める。鎌田を支える存在に留まらず、ダブルエースと呼ばれる存在に近づいている。

 松本が目標とする選手は冒頭で坪田監督が比較の対象として名を挙げた佐藤だ。松本が小学生、佐藤が中学生時代に地元愛知県内の駅伝でタスキをつないだ仲だ。高校、大学と後を追うように同じ進路を選んできた。その先輩は6区を2回、1区を1回走り、すべてで好走したが、今回、初の箱根に挑む松本は3区を希望している。

「自分のスピードを生かせる区間だと思っています。そこでチームに流れを引き込む走りをしたいです」

 箱根では前半から突っ込みたいと意気込む。恐怖心はない。この箱根駅伝で松本がエースに名乗りを挙げる走りができれば、法大は目標の8位に大きく近づくはずだ。


2年ぶりのシード権奪還を目指す法政大。松本(右奥)がエース鎌田(右手前)と肩を並べる走りを見せると上位戦線をかき回すことになるだろう

まつもと・こうた◎2000年8月24日、愛知県生まれ。181cm・59㎏、O型。大和南中→愛知学院愛知高(愛知)。自己ベストは5000m13分46秒62、10000m28分56秒35、ハーフ1時間03分09秒(以上、2020年)。高校時代は2年時に3000mSCでインターハイに出場、全国高校駅伝の出場経験はなし。出走すれば、今回の箱根駅伝が学生三大駅伝デビュー戦となる。松本にとっての箱根駅伝とは「陸上人生の集大成」(箱根駅伝2021完全ガイドアンケートより)。

陸上競技マガジン 1月号

箱根駅伝2021完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊)

文/加藤康博

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事