close

2021-01-06

【NFL】ブラウンズHCがコロナ陽性、18年ぶりのプレーオフ初戦は指揮官なしで戦うことに

新型コロナ陽性と判明したブラウンズのヘッドコーチ(HC)、ケビン・ステファンスキー。後方左はエースQBメイフィールド==photo by Getty Images

全ての画像を見る

米プロフットボールNFL、クリーブランド・ブラウンズのヘッドコーチ(HC)、ケビン・ステファンスキーが新型コロナウィルス感染症の陽性となった。現地1月5日、ブラウンズ球団が公式SNSなどで発表した。ブラウンズは1月10日にディビジョナルプレーオフで、ピッツバーグ・スティーラーズと対戦するが、ステファンスキーHCはNFLの今季の規約により、この試合を欠場することになった。

ブラウンズの公式Twitterからブラウンズの公式ツイッターから


We were informed this morning that Head Coach Kevin Stefanski, two additional members of the coaching staff and two players have tested positive for COVID-19. Our contingency planning calls for Special Teams Coordinator Mike Priefer to serve as the acting Head Coach.

「今朝、ヘッドコーチのケビン・ステファンスキーとコーチングスタッフ2名、選手2名がCOVID-19の陽性反応を示したとの連絡がありました。不測の事態のために、スペシャルチームチームコーディネーターの マイク・プリファーが ヘッドコーチ代理を務めます」

ステファンスキーHCは、就任1年目の今季、11勝5敗でブラウンズをAFC北地区3位に導き、2002年以来のプレーオフ出場を決めていた。1月10日の試合は、スペシャルチームコーディネーターのマイク・プリファーが代理ヘッドコーチとして指揮をとる。
スポーツ専門局ESPNによると、ブラウンズはステファンスキーHCだけでなく、ジェフ・ハワードDBコーチ、ドリュー・ペッツィングTEコーチ、さらに選手2人も陽性反応を示したという。ブラウンズの練習設備は閉鎖となった。

ブラウンズは1月3日のレギュラーシーズン最終週にもスティーラーズと対戦したが、COVID-19の陽性反応で先発選手6人が欠場した。試合は24-22で勝ったが、スティーラーズが既に地区優勝を決めていたため、QBベン・ロスリスバーガーら複数の主力選手を休ませていた。ラスベガスのオッズでは、当初からスティーラーズの3.5ポイント有利だったが、ステファンスキーHCの欠場で、6ポイント有利に差が広がっているという。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事