close

2021-01-20

【ボクシング】協会加盟、退会…。2月の全日本新人王決定戦は無観客で開催

 プロボクシングの東日本協会定例理事会が20日、オンラインで開催され、zoomによる会見が開かれた。

 東日本協会加盟ジムについて、いくつかの動向があった。

 パンチアウトジム(東京都葛飾区新小岩)は、赤城武幸氏から染谷敬喜氏へ会長資格が譲渡され入会。吉祥寺鉄拳8ジムに間借りしていたシャイアン大嶋ファイトクラブ(山本幸治会長)は、「他ジムへの間借りは1年間」という協会規定にしたがい、年末での満期にともない一時休会。また、イマオカジム(東京都渋谷区:今岡武雄会長)は退会することに。同ジム所属のプロ選手は、他ジムへの移籍を随時行っているという。

 2月21日(日)、午後2時から後楽園ホールで開催される『第67回全日本新人王決定戦』は無観客で行われることが決定。試合の模様はCS 日テレG+で午後2時から生中継される。
 前日20日に全国新人王運営委員会が開かれ、2021年度の新人王戦開催に向けて協議される。2020年度同様、各地区の予選は遅れてスタートし、全日本新人王決定戦は2022年にずれ込んで開催される模様だ。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事