close

2021-01-22

【ボクシング】JBCが井岡に厳重注意処分

昨年大晦日に行われた井岡一翔(右)対田中恒成のタイトルマッチ

日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井岡一翔(Ambition)に厳重注意処分を科すと発表した。昨年12月31日、井岡が入れ墨を露出した状態で試合を行ったことがJBCルールに抵触したため。Ambitionジムの木谷卓也会長にもクラブオーナーとしての監督責任を問い、同じく厳重注意処分とした。

処分は21日に開いたJBCの倫理委員会で決定した。井岡は12月31日に行った世界タイトルマッチの試合中、入れ墨を隠す塗布物が剥がれ落ち、入れ墨を露出したまま試合を続行。これがJBCルール第95条2号に抵触するものと判断した。

JBCの安河内剛本部事務局長は「JBCにおいても管理を徹底すべきであったことを踏まえ、今後同様なケースにおいてはJBC指定の塗布剤を使用させるか、指定業者による塗布施術を受けてもらうなどの手当てを考えていきたい」 と説明。「今回、入れ墨(タトゥー)についての様々なご意見をいただいたが、現時点でJBCルールを変更することは考えていない」とした。

◆JBCルール第95条(欠格事由)
次の各号に該当するボクサーは、試合に出場することができない。
②入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者。

写真/BBM

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事