close

2021-03-26

【ボクシング】比嘉大吾が4・24沖縄凱旋 無敗の西田凌佑とV1戦

4年ぶりに沖縄凱旋する比嘉

全ての画像を見る
WBOアジアパシフィック・バンタム級チャンピオン比嘉大吾(Ambition)は26日、リモートで会見し、次戦を発表した。4月24日(土)、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで、日本スーパーバンタム級6位の西田凌佑(六島)と初防衛戦を行う。

 昨年大晦日にストロング小林佑樹(六島)を豪快なアッパー攻撃でKO、タイトルを奪うとともに、本来の野性味を取り戻した比嘉。故郷・沖縄での試合は2018年2月、モイセス・フエンテス(メキシコ)を1回KOしてWBC世界フライ級王座2度目の防衛を果たして以来4年ぶりとなる。帰郷も2年ぶりになるという比嘉は「地元でやれるのはうれしい。見に来てくれる人も多いと思うので、しっかり倒して勝って、喜んでもらいたい」と意気込んだ。

 挑戦者の西田はプロキャリアわずか3戦(全勝1KO)ながら、昨年12月に元世界ランカーの大森将平(ウォズ)を破り急浮上した24歳。身長170センチのサウスポーで、比嘉もこのタイプとは対戦した経験が少ないことを認める。「いつもどおり(相手の)中に入っていくボクシングができれば」という比嘉は今後、サウスポーとのスパーリングを増やして対策していきたいと話した。今日は大橋ジムで日本バンタム級4位の中嶋一輝と手合わせする予定という。

 Ambition陣営は、WBOアジアパシフィック王座を防衛することで比嘉のバンタム級世界ランキングを上げたいとし、WBO世界王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)への挑戦を狙っていることを明らかにした。

 4月24日当日は14時開場、14時30分開始(変更の可能性あり)。会場の沖縄コンベンションセンターには約半分(1900人)の観客を入れる予定。チケットはSRS席3万円、RS席2万円、S席1万5000円、指定A席1万円、指定B席8000円で、4月6日に予約受付を開始する。問い合わせはトラロックエンターテインメント(電話03-6820-9313)まで。テレビはRBCで16時30分から生放送、TBSガッツファイティングで録画放送(関東ローカル)を予定している。

写真/BBM

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事