close

2021-04-13

【ソフトボール】選手が選ぶ何でもランキング(6)走塁No.1は?

走塁部門で1位に輝いた藤本麗(ビックカメラ高崎)

全ての画像を見る
ソフトボール・マガジン5月号(3月24日発売)に掲載した『選手が選ぶ何でもランキング』。この企画は、日本女子1部リーグ選手へのアンケート結果をもとに、全10部門の「リーグナンバーワン」をランキング形式で発表したものです。今回はソフトボール・マガジンWEBでその一部を紹介します。戦う相手だからこそ分かる選手のすごさ、魅力とは…。その選出理由にも注目です! 

1位=26票
藤本麗(ビックカメラ高崎/外野手)
【選出理由】
1ヒットが2ベースヒット!/足も速いし、ベース回りが上手/ベース回りが小さく、あっという間に次の塁に到達している/ちょこちょこ速い/ベースランニングがうまい/小さくて速いので見えません/気づいたらベースにいる

▲走塁部門で1位に輝いた藤本麗(ビックカメラ高崎)

2位=12票
川畑瞳(デンソー/内野手)
【選出理由】
スキをついて次の塁にワープしたようにいる/意表を突く走塁をしてくる/判断と思い切りが良い、迷いがない

▲走塁部門同率2位の川畑瞳(デンソー)

2位=12票
松瀬清夏(太陽誘電/外野手)
【選出理由】
足がスーパースター/チーターみたい/一瞬でベースに到達する/スタートも良く、足が速い/もはや陸上の選手

▲走塁部門同率2位の松瀬清夏(太陽誘電)

 7月号(5月24日発売予定)では、10部門で上位に選手された選手に技術解説をしていただく予定です。こちらもお楽しみに!

※本アンケートは2021年シーズンの日本女子1部リーグ所属チームの選手にご回答いただきました。
※本アンケートは無記名で行われ、2021年シーズンの日本女子1部リーグでプレーする選手の中から、各部門で原則1名を選んでいただきました。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事