close

2021-04-24

【ボクシング】西田凌佑が大殊勲! 沖縄で比嘉大吾を大差攻略

ボディブローで比嘉(左)を攻める西田

全ての画像を見る
24日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われたWBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦は、同級5位の挑戦者・西田凌佑(六島)がチャンピオン比嘉大吾(Ambition)を大差の3ー0判定に下し、プロ4戦目で王座を獲得した。

 元世界王者が4戦目の新鋭に完敗。番狂わせには違いないが、比嘉が良くなかったというよりは、すごい選手が現れたという印象だ。

 3年ぶりで故郷沖縄のリングに登場した比嘉は、地元ファンの期待に応えようとスタートからラッシュを敢行。西田は戦前から予告していたとおり、長身サウスポーの利点を活かして右ジャブで自分の距離を保ち、左カウンターで迎え撃った。

 驚くべきは比嘉の猛烈なプレスにも西田が押し負けなかったことだ。足を使うだけでなく、接近戦でも引かずに打ち勝ってみせた。フライ級から上げてきた比嘉と、スーパーバンタム級から落としてきた西田。体格差もあったが、全てのアドバンテージを最大限に活かした西田が最後まで集中力を切らさず、作戦どおりのアウトボクシングを見事に完遂。終盤は左ボディで比嘉に明らかなダメージを与えた。判定は117対111が2人、118対110が1人。ホームの利も入り込む余地がないワンサイドゲームだった。

「アウェーは気にならず、比嘉選手だけに集中できた」と会心の勝利を振り返った西田。「比嘉選手のプレッシャーはすごかったが、打ち合いに付き合わず、下がりすぎず、行けるときは行くという武市晃輔トレーナーとの作戦どおりのボクシングができた」とチームの勝利を強調した。今後もバンタム級でさらなる躍進を期す。

 比嘉は「地元で負けてしまい、申し訳ない。結果がすべて。どこかで迷いがあった」と肩を落とし、今後については「野木さん(丈司トレーナー)ゆっくり話し合って決めたい」とした。

文/藤木邦昭 写真/G-KEN

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事