close

2021-04-25

【アメフト】早慶戦も中止 「緊急事態宣言」で駒沢競技場が使用できず

2年連続で中止となったアメフト春の早慶戦=2019年4月29日の定期戦から 撮影:小座野容斉

全ての画像を見る

4月29日に予定されていたアメリカンフットボールの第69回世田谷区)の全設備が、4月25日から5月11日まで休館となったため。「全国大会等を無観客で開催する場合を除き」使用は不可という。

 実行委は「来年以降の開催につきましては、例年通りの早慶戦が実施できるよう、関係者一同鋭意努力させていただく所存ですので、引き続き、宜しくお願い申し上げます」としている。

 春の早慶戦は、4月29日に駒沢陸上競技場での実施が定着し、観客約1万人前後を動員する学生有数の定期戦だった。早慶両校は、慶応大学が2019年秋にリーグ戦を棄権、自動降格になって以来、今季も含め秋季の対戦もない。「伝統の一戦」が、来春まで3年間行われない異例の事態となった。

1万人前後の観客が入る「国内でも有数の大学対抗戦「春の早慶戦」=2019年4月29日の定期戦から 撮影:小座野容斉1万人前後の観客が入る国内でも有数の大学対抗戦「春の早慶戦」=2019年4月29日の定期戦から 撮影:小座野容斉

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事