close

2021-06-10

【ボクシング】フェザー級ホープ木村蓮太朗が無難に4連勝

速い右リードで福永(左)の前進を阻む木村

全ての画像を見る
10日、東京・後楽園ホールで開催されたフェザー級6回戦は、アマチュア3冠の木村蓮太朗(23歳=駿河男児)が福永輝(22歳=沖縄ワールドリング)を3-0フルマークの判定勝ちで下し、プロ4勝目を飾った。

 名門の東洋大で主将を務めた期待のホープが危なげなく、ポイントを積み重ね、確実に勝利を手繰り寄せた。デビューから3戦連続KOと派手な戦績を残していたが、この日は一貫して安全運転。木村蓮太朗は判定勝ちにも納得し、冷静に試合運びができたことに手応えを感じていた。

「内容はよかったと思います。無駄なパンチをもらうこともなかったです。また違った一面を見せられたのかなと」

 初回からしっかり距離を取り、福永がぶんぶんと振り回してくるオーバーハンドの右も左もひらりとかわした。巧みなスウェーと素早いステップで翻弄。2回からは相手のパンチを読み切り、カウンターで右ジャブを突き、確実にヒットさせていく。タイミングを見計らって左ボディを打ち込んだりもしたが、不必要に打ち合いに応じることはなかった。気持ちの強さを前面に押し出し、がむしゃらに攻めてくる相手をあざ笑うようなヒント・アンド・アウェーに徹した。

「勝つ確率の高いほうを選びました」。ただ、最終ラウンドの6回だけはカウンターの右フックを効かせたこともあり、前に出て攻勢に転じたものの、ダウンを奪うことはできなかった。

 すでに9月には日本ランカーとの試合が組まれており、その後のマッチメークの指針も決まっている。来年には日本王座、アジアパシフィック、東洋太平洋のベルト奪取をにらんでおり、一歩一歩確実にキャリアを歩んでいくつもりだ。

「この緊張感を大切にしながら、上を目指していきたい」。野心あふれる23歳の目はぎらぎらしていた。木村の戦績は4戦4勝(3KO)。敗れた福永の戦績は10戦8勝(5KO)2敗。自慢のハードパンチも単調となり、最後まで木村を捉えることはできなかった。

文/杉園昌之 写真/菊田義久

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事