close

2021-06-20

【ボクシング】佐賀で初の有観客試合。西部日本新人王決定!

優勝者8名(LF級・登川、B級・岡本、SL級・逆瀬川は不在)

全ての画像を見る
  20日、SAGAサンライズパーク(佐賀県佐賀市)で、『西部日本新人王決勝戦4回戦』7試合が行われた。昨年から同地区新人王トーナメントはこの会場で無観客開催されてきたが、今回は初の有観客。佐賀県内で観客を集めて行われるプロの興行は初めてのこと。150人のファンが集う中、7試合中6試合がKO決着と、白熱した戦いが繰り広げられた。

佐賀県で初めて観客を入れたプロの試合が行われた

佐賀県で初めて観客を入れたプロの試合が行われた

 この日勝ち上がった11人の選手たちは、9月19日、愛知県・刈谷市あいおいホールで行われる『中日本新人王-西部日本新人王対抗戦』へ駒を進めた。そこで勝ち上がると次は西日本新人王との『西軍代表決定戦』、そしてその勝者は来年2月に東京・後楽園ホールで開催予定の『全日本新人王戦』で東日本新人王と再頂点を争う。

 <ミニマム級>
※西部地区のエントリーなし

 <ライトフライ級>
登川 旭(島袋)
※対戦者のエントリーなしで、中日本新人王との対抗戦へ

<フライ級>
○ 関 拳斗(関)
  冨永淳悟(宮崎ワールド)
  TKO1回2分32秒

 <スーパーフライ級>
○ 山内翔貴(本田フィットネス)
  岩切 蒼(宮崎ワールド)
  TKO3回2分18秒

 <バンタム級>
岡本宏志(S&K)
※対戦者のエントリーなしで、中日本新人王との対抗戦へ

 <スーパーバンタム級>
○ 平野 岬(三松スポーツ)
  小田竜也(折尾)
  TKO1回3分

<フェザー級>
○ 斉藤愼哉(本田フィットネス)
  黒川タカヨシ(福岡帝拳)
  TKO2回39秒

<スーパーフェザー級>
○ 山名生竜(HKスポーツ)
  田中太将(博多協栄)
  TKO3回58秒

 <ライト級>
○ 有光空大(広島拳闘会)
  白水勇馬(黒崎KANAO)
  判定3-0(39対36、38対37、38対37)

<スーパーライト級>
逆瀬川斗有(橋口)
※対戦者のエントリーなしで中日本新人王との対抗戦へ

<ウェルター級>
○ 平安山太樹(ナカザト)
  塩尻りんたろう(鹿児島)
  TKO3回1分19秒

<ミドル級>
宮本時代(本田フィットネス)
※対戦者のエントリーなしで、中日本新人王との対抗戦へ

取材・写真_西村華江

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事