close

2021-08-06

スイミング・マガジン9月号は本日発売! 東京五輪レポート&インターハイ大展望です!

スイミング・マガジン9月号がいつもより5日も早く、本日6日発売となりました。今月号は東京五輪レポート&インターハイ大展望です。

大会自体はまだ開催されていますが、ひとあし先に終了した競泳競技。今大会もさまざまな感動が生まれました。
表紙&巻頭はなんと言っても女子個人メドレー2冠を獲得した大橋悠依です。日本夏季五輪史上初の1大会ふたつの金メダルを獲得しました。
続いては日本の新・お家芸ともいえる男子200mバタフライで銀メダルを獲得した本多灯は、まだ19歳。次回大会以降にも期待がかかります。
一方で力を発揮しきれなかった選手たちも。こうした選手たちに何が起きていたのか、スイマガ独自の視点で切り込みます。
もちろん、全金メダリストの喜びの声や、日ごとの結果をまとめたデイウォッチも掲載しています。
さらには世界を沸かせたトップスイマーたちの技術にも迫りました。

続く特集は2年ぶりの開催となるインターハイの展望です。
注目選手ピックアップや種目別展望(地区大会ランキング付き!)だけではなく、日大豊山高と桃山学院高の男子総合優勝を争う2校のチームレポートも掲載。
ジュニアクローズアップでは高校2年生ながらインターナショナル標準Cを突破した女子平泳ぎの曽我部菜々(枚方SS/近畿大附高)が登場しています。

もちろん全国中学も展望。充実の連載陣とともに、ぜひご一読ください。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事