close

2021-08-17

【ソフトボール】東京五輪感動したシーンは?アンケート 第1弾『決勝戦・渥美選手の神ゲッツー』

決勝戦でピンチを切り抜ける神技を披露した渥美万奈と山本優を迎える日本ベンチ(写真/JMPA代表撮影)

全ての画像を見る
東京オリンピックで見事金メダルに輝いたソフトボール日本代表。13年越しの連覇に日本中が大いに盛り上がりました。日本チームも海外チームも多くの素晴らしいプレーがあった中で、皆さんが最も感動した瞬間はいつだったのか、ソフトボール・マガジンでアンケートを実施。ご回答いただいた中の一部のコメントを写真とともに紹介します。





決勝戦・渥美選手の神ゲッツー

ボールを捕った次の瞬間、二塁への正確なスローも素晴らしかった渥美万奈(写真/WBSC)
(写真/WBSC) 

 7月27日の決勝戦。6回裏アメリカの攻撃で、日本は一死一、二塁のピンチを迎えました。打席に立つのは三番打者のアマンダ・チデスター選手。
 サードに強烈なライナーを放つと、打球は素早く反応した三塁手の山本優選手の腕に当たり、弾かれたボールを遊撃手の渥美万奈選手がダイレクトキャッチ。すぐに二塁の市口侑果選手へ送球し、飛び出していた二塁走者のミシェル・モールトリー選手をアウトにしました。

 日本のピンチを救った奇跡のようなダブルプレーに多くのコメントが寄せられました。


《皆さんのコメント》

決勝の山本さんが弾いたフライを渥美さんがとってダブルプレーのあの瞬間!すごすぎて何回も見返しました!(ai28)

渥美選手の超超ファインプレー❗️
感動しましたし、あれで金メダルを確信しました‼️(Jsa)

後藤選手が投げてて、サード山本選手強襲のライナーを渥美選手がフォローしダブルプレーになった瞬間 これは行けると思った(明菜ちゃん最高)

『奇跡の』とか『ラッキー』とか言われているけれど、私はそうじゃないと思う。テレビではわからなかったけど、渥美選手は、後藤投手や相手バッターの様子から打球が三塁線側に引っ張られることを予測して守備位置を調整していたはず。4回のヘッドスライディングもそうですが、一つ一つのプレーを緻密に、一生懸命に積み重ねる渥美選手の姿に、私はとても感動しました。同じ人、他にもたくさんいると思います。(貴恵)

終始、日本の守備の堅さには感動でした。その中でも、決勝戦 日本vsアメリカ6回ウラの山田優選手と渥美万奈選手の神ゲッツー。リアルタイムで見ていて鳥肌立ちました。一生に一回見れるかどうかのプレー。(かちゃそ)

打球を読んでいたのもすごいがその後、すかさずセカンドへそれることのないジャンピングスローは芸術的でした。(ひより)

ほとんどの人達が、神ゲッツーをあげると思いますが、 その投球の1・2球前に、ショートの渥美選手が、我妻選手に向かって、ストライクゾーンを表す用に、両手で長方形を大きく描いて、何か話しかけていました。 バッテリーに向けて、どんなことを話しかけていたのか❓教えて欲しいです。 それが、あのビックプレーに繋がった気がします。
そして、回の守りが始まる時の、渥美選手と山本選手の、グー✊を突き立てて、『ガッテン承知』をやっているのが、2人の阿吽の呼吸を生んだと思います。
戮力協心(りくりょくきょうしん) 全員の気持ちが1つになった、あの神プレーは、 そうして、生まれたと思います。(夢をつなぐソフトボール教室)



▲山本優と渥美万奈の三遊間のコンビネーションにも多くの賛辞が贈られた(写真/WBSC)


まだまだアンケート募集中!
SBMアンケート「東京オリンピック感動した瞬間は?」

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事