close

2021-11-29

「僕の一番の財産は野球。まだまだやりたい」日本ハムから自由契約となった大田泰示~リポビタン for Sports presents「The Deep」~

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

リモートで出演してくれた大田泰示

全ての画像を見る

 11月28日(日)20:00~、スポーツライターの金子達仁氏がパーソナリティーを務めるニッポン放送のリポビタン for Sports presents「The Deep」の第3回放送で、今オフ、プロ野球の北海道日本ハムファイターズを自由契約となり、注目を集めている大田泰示がリモートで出演した。

 2017年に日本ハムへ移籍後、4年連続で規定打席に到達して2ケタ本塁打を放つなど、才能を開花させた大田泰示。だが、今季は76試合の出場に留まり、オフに自由契約となった。

「現在の自分の状況に対してネガティブな印象はないですが、驚きはありました。こういう経験は初めてなので、目の前が真っ白になりました」と球団から自由契約を伝えられたときに心境を語った。

 巨人から日本ハムへトレードとなったときと現在の心境はまったく異なるという。

「トレードはある意味契約がなされてる状態です。“巨人を出るんだ”という驚きと寂しさはありましたが、ファイターズに行ってもう一回自分を見つめ直して、“さあやってやるぞ!”という気持ちのほうが大きかったですね」

 その後は気持ちを切り替えてトレーニングに励んでいるという。

「今は来シーズンに向けて、練習をしっかりやるしかない。野球が僕の中で一番の財産。これを仕事にしてまだまだやりたい。野球をやれる環境、チームが早く見つかれば、と思っています」

 現在は、日本ハムの施設で変わらずに汗を流している。

「鎌ヶ谷スタジアムで練習させてもらっています。ちょっと肩身は狭いかなと自分では思っちゃいますが、みんなはいつもと変わらずに接してくれるので、練習しやすいです」

 ただ、球団に対する気持ちは自由契約を伝えられたことで少し変わった。

「正直、(自由契約は)予想していなかったのでいろんな複雑な気持ちもあります。本当に今だから言えるけど、ファイターズは好きでした」

 ファイターズでは、ファンの声が一番の思い出だという。

「ファイターズに入って1年目に、さよならヒットを打ったときの歓声、ファイターズに移っての初ホームランなど、いろんな良い思い出があります。一番心に残っているのは、勝ったときに球場を一周してファンとハイタッチをするときに“ファイターズに来てくれてありがとう”と言われたときです。野球をやっていて良かったと思えました。ファンの皆様に感謝しています」

 ファンの間でスタイルが抜群と評判の大田は、体脂肪率15%で春季キャンプに入り、シーズン終わりは12、13%くらいに下がるという。トレーニングや試合後のリカバリーでは、どんなことを意識しているのか。

「しっかり栄養バランスの良い食事を摂ることです。そして睡眠をしっかり、規則正しく。ほぼ毎日、決まった時間に寝て、決まった時間に起きるようにしています」

 リポビタンD、リポビタンゼリー for Sportsも活用している。

「まず朝、球場に着いて練習前にリポビタンDを飲んで、気合を入れます! 動いた後などちょっとした空き時間やトレーニングの間にリポビタンゼリー for Sportsを飲んでいます」

 大田が語ったファイターズへの率直な思いなど、今回の放送を聞き逃した方は無料アプリ「radiko」でタイムフリー機能を使えば、放送1週間後まで聴取可能となる。

大正製薬
リポビタン for Sports ブランドサイト

ニッポン放送 
リポビタン for Sports presents 「The Deep」
毎週日曜20時~絶賛放送中。
radikoで放送1週間後まで聴取可能。
ポッドキャストではディレクターズカット版を配信中。
番組HP
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事