close

2020-05-25

【新作情報 BBM読売ジャイアンツベースボールカード2020】“STAY HOME”でもジャイアンツカードでエンジョイ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

BBMカードの2020年版球団別チームパックは、読売ジャイアンツの登場です。デザイン性の高さ、こだわりの写真、インサートカードの高級感など、巨人カードならではの魅力は今年もパワーアップしています。

GIANTS PRIDEで背番号枚数限定のフォトカードが久々に復活!
クロス箔サインにはコンボ版に加えて、トリプル版が初登場!


 洗練されたデザインとバリエーション豊富なインサートカードで定評のあるジャイアンツカードが今年も好評発売中です。

 絶大な人気を残り、チームの連覇とともに自身の2000安打をめざす坂本勇人選手は、3枚組の特別サブセットを企画しました。定番の「GIANTS PRIDE」も健在。カードファンに人気の高い花火柄パラレルに加えて、背番号枚数限定で久しぶりとなるフォトカードが復活していますよ。「CROSS FOIL SIGNING」は昨年初登場したコンボ版の他にトリプル版も追加され、より豪華に。

 注目の3Dカード「TRIPLEX 2020」は、今年は趣向を変え、首脳陣が登場です。原辰徳監督、元木大介、吉村禎章両コーチの現役時代と現在の写真を組み合わせて、チェンジング方式を採用しています。もちろん、12球団共通インサートの「Phantom」も18種類をラインアップ!

 さらに、メモラビリアカードは岡本和真選手、吉川尚輝選手、小林誠司選手、大城卓三選手のバットで制作され、コンボ版、カルテット版も展開されています。ライトグリーン箔が追加され、4段階に増えたレギュラーの箔サインパラレルなど、こだわり満載です。

 実際にプロ野球を観戦できるのはもう少し先になりそうですが、カードを開封して楽しみに待ちましょう!

2020年5月発売
全コレクション 154種
1パック(6枚入り) 価格(本体400円+税)
1ボックス(20パック入り) 価格(本体8,000円+税)

LINE UP

☆レギュラーカード☆
□レギュラー 68種
※27種に金箔(各100枚限定)、ライトグリーン箔(各75枚限定)、ホロ箔(各50枚限定)、オレンジ箔(各25枚限定)の箔サインパラレル版あり
□マスコット/チェックリスト 1種
□FUTURITY STAR 3種
□GENEALOGY OF NUMBER 3種
□REVENGERS 3種
□ROAD TO 2000 3種

☆インサートカード☆
□GIANTS PRIDE 2020 9種
※各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版あり
□THE GIANT STARTERS 3種
※各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版あり
□THE THREE KINGS 3種
※各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版あり
□THE NEXT GUYS 3種
※各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版あり
□CROSS FOIL SIGNING 3種
※各15枚限定
□COMBO CROSS FOIL SIGNING 3種
※各10枚限定
□TRIPLE CROSS FOIL SIGNING 3種
※各5枚限定
□TRIPLEX 2020 3種
※各25枚限定
□Phantom 18種
※各25枚限定

☆スペシャルインサートカード☆
□GIANTS PRIDE PHOTO CARD 9種
※各背番号枚数限定
□メモラビリアカード 7種

※チェックリスト、直筆サインカードの枚数はこちらをご覧ください

Voice from Editor
「坂本コンプ」をねらえ!


 昨年MVPを受賞し、チームリーダーとして原監督の信頼も絶大な坂本勇人内野手。今季は自身にとっても2000安打をめざすシーズンで、新型コロナウイルスによる開幕延期のため、最年少記録での到達は難しい情勢となりましたが、それを記念するサブセット3種を企画しました。

 それぞれプロ初安打、1000安打、1500安打の時の写真を使用しています。ここに紹介したカード画像はプロ初安打のものですが、当時は背番号も「61」で、体の線もまだ細いのが分かるかと思います。ぜひ、3種を集めてみましょう。

 この他にも、レギュラーに始まり、各種インサートにもラインアップされ、その種類数はチーム最多、なんと11種を数えます。パラレル版を含めればさらにバリエーションも増え、コンプリートは至難の業。12球団でも屈指の人気選手なので、少数シリアルのカードはかなり注目を集めそうですね。


G79 坂本勇人

カード紹介


〈レギュラーカード レギュラー〉
 今年のレギュラーは縦に走った、太く白い帯が特徴。余白の部分をうまく使っていることで、独特の上品さを演出しています。

 金文字で大きく配された背番号は、数字の書体が既存のものではなく、担当デザイナーが1文字、1文字、形にこだわって作ったオリジナルとなっています。選手名のアルファベット表記を筆記体系の姓と明朝体系の名で変えているのもポイントですね。

 石川慎吾選手の写真は渾身のガッツポーズの瞬間ですので、ご注目を!

 箔サインパラレルは27種で金箔が各100枚、ライトグリーン箔が各75枚、ホロ箔が各50枚、オレンジ箔が各25枚限定です。

G59 石川慎吾
G59 石川慎吾 

G11 田口麗斗 金箔サイン版
G11 田口麗斗 金箔サイン版

G56 陽 岱鋼 ライトグリーン箔サイン版
G56 陽 岱鋼 ライトグリーン箔サイン版

G16 桜井俊貴 ホロ箔サイン版
G16 桜井俊貴 ホロ箔サイン版

G38 炭谷銀仁朗 オレンジ箔サイン版
G38 炭谷銀仁朗 オレンジ箔サイン版

〈レギュラーカード サブセット〉
FUTURITY STAR/「FUTURITY」とは「将来、未来」という意味の言葉で、次世代の巨人で主力として期待される若手選手3名をピックアップしました。雲間から差す光をイメージさせるデザインが選手たちの輝ける未来を象徴しています。山下航汰選手は昨季、高卒新人ではイチロー選手以来となるファームの首位打者を獲得したスター候補。湯浅大選手も高卒3年目ながら今季のオープン戦で打率.391をマークした伸び盛りです。山瀬慎之助選手は昨夏の甲子園でヤクルト1位の奥川恭伸選手とバッテリーを組んだドラフト5位ルーキーで「慎之助2世」として期待されています。いずれも楽しみな選手ばかりですので、ぜひチェックしておいてください。


G72 山下航汰 

GENEALOGY OF NUMBER/「GENEALOGY」とは「系譜」という意味で、今年から新背番号を背負った選手たちを集めました。それぞれ「13」の戸郷翔征選手、「26」の髙橋優貴選手、「24」の大城卓三選手ですが、裏面には1935年の巨人軍創設から昨季までその背番号を背負った歴代選手の一覧も掲載しておきました。背番号がはっきりと映った写真も一緒に使っていますので、歴史の積み重ねを確認していただければと思います。


G75 大城卓三 

GENEALOGY OF NUMBERREVENGERS/昨季、ケガなどで思うような成績を残せず、今季に復活をかけている3選手をラインアップしました。「REVENGE」とは英語だと正確には「復讐する」という意味ですが、日本ではむしろカタカナの「リベンジ」として、“逆襲する”という意味で広く認識されていますね。一般的になったのは99年に西武・松坂大輔投手が試合後のヒーローインタビューで使ったのがきっかけ。その年の新語・流行語大賞に選ばれたこともあり、野球界にはなじみのある言葉になっています。今回ピックアップした3選手のリベンジに期待しましょう!


G77 中島宏之 

REVENGERSROAD TO 2000/今季2000本安打をめざす坂本勇人選手の歩みを振り返るサブセット。2007年9月6日の中日戦で打ったプロ初安打から、14年5月20日の西武戦で記録した1000安打、17年7月9日の阪神戦での1500安打まで、それぞれ達成した試合の写真を使っています。顔写真は3枚を組み合わせて共通デザインなのもポイント。裏面にはその安打を打ったときの状況説明もあります。3枚そろえて、2000安打の瞬間を待ちましょう!


G81 坂本勇人 

〈インサートカード GIANTS PRIDE 2020〉
 毎年恒例の「GIANTS PRIDE」は9種を制作。楽しみにされているカードファンも多かったのではないでしょうか。今年のデザインは、東京の名所や風景と選手が合成され、これまでになかったパターンになりました。テーマは、「THE TOKYO CULTURE.」。球団提供のステートメントコピーによると、「ジャイアンツがある。そのことを、『世界の、日本の、TOKYO』の価値にしていく。古くからあるものと新しいものが入り混じって、次々に生まれてくるTOKYO発のカルチャーの一つに、ジャイアンツはなっていく。ファンだけでなく、TOKYOを愛するすべての人のものへと。培ってきた歴史と伝統に、新たなインスピレーションを加えて。」とあります。シーズンが始まれば東京ドームなどでも目にする機会があるかと思いますが、ひと足早くカードでお楽しみください。パラレル版は各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版を設定しています。


GP3 中川皓太 


GP8 丸 佳浩 花火版 

〈インサートカード THE GIANT STARTERS〉
 先発3本柱としての起用が予想される菅野智之選手、サンチェス選手、田口麗斗選手の3名で構成したインサート。背景にモノトーンで表現した選手のアップ写真を配することで、昨年までの「SUPER METALLIC GIANTS」を彷彿させるようなデザインになりました。各50枚限定のホロ紙、各25枚限定の花火柄のパラレル版にも注目です。


GS1 菅野智之 花火版 

〈インサートカード THE THREE KINGS〉
 打線の中心となる坂本勇人選手、岡本和真選手、パーラ選手の主軸トリオをピックアップしました。プレー写真の背景に、他の2選手の顔写真を配置してあるのが特徴。この3人がまさにジャイアンツ版の“三本の矢”となり、得点力アップが期待されます。こちらも各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版があります。


TK3 G.パーラ 

〈インサートカード THE NEXT GUYS〉
 今季のブレークが予想される戸郷翔征選手、湯浅大選手、山下航汰選手を抜てきしました。壁を突き破るような勢いのあるデザインと、背景に配されたオレンジ色の顔写真が面白いですね。戸郷選手は昨季のドラフト6位で入団した高卒2年目ながら先発ローテーション定着が期待されるホープ右腕です。各50枚限定のホロ紙版、各25枚限定の花火版は、他のインサートと共通仕様になっています。


NG1 戸郷翔征 

〈インサートカード CROSS FOIL SIGNING〉
 1stバージョンなどのアイテムで横断的に封入されるクロスブランドのデザインを踏襲し、ホロ紙にスカイブルー箔サインを押した人気インサートカード。今年は1stバージョンでもクロス箔サインが制作され、巨人は戸郷翔征選手、髙橋優貴選手、小林誠司選手、大城卓三選手、坂本勇人選手、重信慎之介選手がラインアップされました。その6選手中でジャイアンツカードのクロス箔サインにも登場するのは坂本選手のみ。写真も1stバージョンが打撃シーンだったこともあり、今回は守備の写真を使用して、差別化を図っています。15種類の各15枚限定ですので、難易度はかなり高いですが、頑張ってゲットしてください!


CFS07 坂本勇人 

〈インサートカード COMBO CROSS FOIL SIGNING〉
 昨年からラインアップに加わった「CROSS FOIL SIGNING」のコンボ版。花火柄の紙を使用したことで、よりグレード感も上がり、好評を博しました。今回は原辰徳監督と坂本勇人選手、小林誠司選手と大城卓三選手の組み合わせです。小林選手と大城選手は通常版のクロス箔サインは1stバージョンに収録されたので、コンボ版のみの登場となります。坂本勇人選手の使用写真は、通常版が守備の写真だったので、こちらは打撃写真を採用しています。各10枚限定と、レア度は昨年よりアップしていますよ!


CCFS2 小林誠司&大城卓三

〈インサートカード TRIPLE CROSS FOIL SIGNING〉
 今年初めて登場した注目カード。坂本勇人選手、岡本和真選手、丸佳浩選手が一堂に会したトリプル箔サイン版になります。コンボ版と同じ花火柄の輝きもさることながら、3人が並んだ豪華さは圧巻の一言。枚数は5枚限定で、今回のジャイアンツカードの中ではトップレアに君臨する1枚です。実物を見られる機会があれば、かなりラッキーですね!


TCFS1 坂本勇人&岡本和真&丸 佳浩 

〈インサートカード TRIPLEX 2020〉
 ジャイアンツカードの3Dとして、カードファンのお馴染みになった「TRIPLEX」ですが、今年は原辰徳監督、元木大介、吉村禎章両コーチの首脳陣で制作しました。正対して見た場合は現役時代の写真ですが、カードを持つ手の角度を変えると、背景が現在の顔写真にチェンジングする仕様になっています。各25枚限定。現役選手以外の3Dカードは珍しいので、貴重な1枚ですよ!


TR2 元木大介

TR3 吉村禎章
TR3 吉村禎章

〈インサートカード Phantom〉
 今年はBBMカード30年ということで、12球団共通インサートの「Phantom」もグレードアップしました。99年のダイヤモンドヒーローズに封入された「Above average/Pitcher perfect」の読者プレゼント版で初登場するやいなや、カードファンの間で大反響を巻き起こした花火柄。BBMカードにとっての節目の年ということで、満を持して「Phantom」で使用しました。周囲の繊細な箔加工も相まって、仕上がりは過去の「Phantom」と比較しても最高レベルでしょう。ジャイアンツカードでは全18種をラインアップしています。各25枚限定。この輝きをぜひ堪能してください!


PG16 亀井善行 

〈スペシャルインサートカード GIANTS PRIDE PHOTO CARD〉
一時期のBBMカードで定番インサートの一つだったフォトカードが、2014年のルーキープレミアム以来、久しぶりに復活しました。写真は「GIANTS PRIDE」と同じものを使用し、各背番号枚数限定で制作されています。生写真感覚のカードは、ライト層のジャイアンツファンにより喜んでもらえるのではないでしょうか。


原 辰徳 


〈スペシャルインサートカード メモラビリアカード〉
メモラビリアカードは岡本和真選手、吉川尚輝選手、小林誠司選手、大城卓三選手の若手主力野手4名のバットで制作しました。プレー写真と顔写真の配置バランスが素晴らしく、かなり洗練された仕上がりになっています。岡本&吉川選手、小林&大城選手のコンボ版に加え、4人が1枚に集結したカルテット版も登場。枚数は通常版が各100枚、コンボ版が各20枚、カルテット版が10枚です。


GM3 岡本和真 バット 


GM7 小林誠司バット&大城卓三バット&岡本和真バット& 吉川尚輝バット

開封動画はこちら!

YouTube

youtu.be

おすすめ記事

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事