close

2020-10-01

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2020 関東 第3節結果

体を張った守備でFC東京U-18にゴールを許さなかった市立船橋。佐久間賢飛(10)は「最後はみんなが体を張って守って、ゼロで抑えられた」と試合を振り返った (C)Walnix

全ての画像を見る
9月26日、27日に「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2020 関東」第3節の3試合が行なわれた(大宮アルディージャU18×流通経済大学付属柏高校は延期)。その中、2連敗中だった市立船橋高校が首位FC東京U-18との試合でスコアレスドローに持ち込み、初勝ち点を挙げた。

第3節結果

<MATCH 09>

大宮アルディージャU18
延期
流通経済大学付属柏高校

<MATCH 10>
柏レイソルU-18
2-2
横浜F・マリノスユース
得点者:柏=戸田伊吹(64分)、升掛友護(66分)、横=津久井匠海(35分)、成田翔紀(52分)

<MATCH 11>
浦和レッドダイヤモンズユース
1-3
横浜FCユース
得点者:浦=盛嘉伊人(57分)、横=オウンゴール(72分)、中川敦瑛(88分)、原大貴(90+4分)

<MATCH 12>
市立船橋高校
0-0
FC東京U-18
得点者:市=なし、F=なし

角昂志郎(10)が両チーム最多の4本のシュートを放つなど、市立船橋ゴールを脅かし続けたFC東京だったが、無得点に終わった (C)Walnix

指導者コメント


波多秀吾監督(市立船橋高校)
「FC東京は力のあるチームで、すごくリスペクトしていました。相手にボールを持たれる中で後半の途中からは足が止まってしまっていましたが、最後に体を張って守るところは市立船橋が大切にしている部分で、そこは出せていたと思います。守るところはある程度できていたと思いますが、課題は奪ってからの質の低さと、奪えそうなところで奪い切れないシーンが何度もあったことです」

 中村忠監督(FC東京U-18)
「相手の市立船橋には中学生時代一緒にやってきた選手たちがいますし、良い選手がそろっていると思っていました。魂の入っているサッカーをしてくるチームなので、そこでも上回りたいと思って試合に臨みました。リーグ戦を3試合やらせてもらって、いずれもタイプの異なる相手で、異なった試合展開になっていて、本当に(リーグ戦が再開されたことが)ありがたいなと、あらためて感じています」

順位表


 
大会情報

http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_super2020/premierkanto/


INFORMATION

公式Twitterアカウントを開設

日本サッカー協会は、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ公式Twitterアカウントを開設した。当アカウントでは、大会プロモーション活動はもちろんのこと、高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグをはじめとする第2種(U-18、高校年代)の情報を広く発信している。

アカウント名
@jfa_u18

URL
https://twitter.com/jfa_u18

ハッシュタグ
#高円宮U18

サッカークリニック2020年10月号
https://www.sportsclick.jp/products/detail.php?product_id=10292

サッカークリニック2020年9月号
https://www.sportsclick.jp/products/detail.php?product_id=10252

サッカークリニック2020年8月号
https://www.sportsclick.jp/products/detail.php?product_id=10207






PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事