close

2020-10-13

【私の“奇跡の一枚” 連載88】塀越しの青空に浮かんだ戦後昭和の2大巨人力士

図らずも遠近法が効いた写真とはいえ、巨人と普通人とのこの見事なまでの“高低”差はどうだ! 私が後々まで伝えたい古き良き両国風景は、この「岩」と「山」がおりなしていた壮観をもって第一としたい―― 

私は昭和15(1940)年生まれ。戦後地方へチリジリになっていた相撲部屋が、再び両国に戻って新たな“相撲村”が出来上がる前から、この地で幼少年時代以降を過ごしてきている。

 長い人生には、誰にもエポックメーキングな瞬間があり、それはたいてい鮮やかな一シーンとなって人々の脳裏に刻まれている。
 相撲ファンにも必ず、自分の人生に大きな感動と勇気を与えてくれた飛び切りの「一枚」というものがある――。
 本企画では、写真や絵、書に限らず雑誌の表紙、ポスターに至るまで、各界の幅広い層の方々に、自身の心の支え、転機となった相撲にまつわる奇跡的な「一枚」をご披露いただく。
※月刊『相撲』に連載中の「私の“奇跡の一枚”」を一部編集。平成24年3月号掲載の第2回から、毎週火曜日に公開します。

『道場』のご近所さん

 振り返れば昭和20年代のことである。やんちゃな子どもとて、お相撲さんの後も誰彼ともなくっついて回った。一見気難しいお相撲さんたちも、近所の子となればざっくばらんに相手をしてくれた。それをいいことにサインなんか、親切なお相撲さんに近寄る口実として同じ人から何枚ももらっている。

 私の家のそばには時津風部屋(大横綱双葉山が師匠だったところから『双葉山道場』と呼ばれていた。略して単に『道場』)があった(現在地)。そこには両国駅近くの立浪部屋の羽黒山、名寄岩をはじめ、ほかの部屋の関取衆もよく出稽古に通ってきていた。

 時津風部屋には太鼓腹横綱で有名な鏡里のほか、昭和の巨人力士として有名な不動岩(関脇)、大内山(大関)がいた。力士たちは、稽古が終わると、我が家の前の道を通って銭湯に通っていた。当時はどこの相撲部屋にも大きな内湯などなく、昼間のすいた銭湯を借り切って汗を流すのが常だったのだ。

 そのころのことで私の記憶に今も鮮やかに残っているのは、当時蔵前国技館の場内放送でも用いられていた尺貫法で、身長7尺5分(214センチ)、体重33貫500(125.5キロ)と紹介されていた不動岩と、6尺6寸5分(202センチ)、40貫500(152キロ)の大内山、両巨人の、青空にくっきりと浮かんだ偉丈夫ぶりである。

圧巻! 塀の上から顔がニョッコリ!!

 当時はまだまだバラック建てが普通の時代で、自分の土地の周りには塀を建てるのが常だった。我が家も道路際には薄っぺらな板塀を建てていたが、2階建ての建物も少なく、そのまま上は青空というのがほとんどだった。道路からの目隠し代わりだから決して低いものではない。だからそこを普通のお相撲さんが通ってもその姿はほとんど見えない(見えたとしてもマゲがちょっぴり……)。しかし彼らが通るときには、座敷に座っている家人にすら、その姿が塀の上にくっきりと見えるのである。まして彼らは連れ立って銭湯に行くことが多かったので、こちらが座敷にいると、二人の肩から上が青空にくっきりと浮かび上がって見えたというのが、私の偽らぬ実感、忘られぬ古きよき時代の、何よりもの自慢の思い出なのである。

 ところが、日常的に写真を撮る時代でもなかったために、あれだけ身近だったのに、二人をそろって写した記憶はなく、我が家のアルバムの隅っこにも載っていない。古い相撲雑誌をひっくり返してみてもなかなか探せない。ただ私の友人が東京近郊の一門巡業で写したこのスナップ写真だけが、私の鮮烈な印象が大げさではないことを裏付けてくれる貴重な一枚となっている。

 左側が不動岩、右が大内山。周りを囲む小中学生の学帽がようやく2人の廻しの高さ! 中央でサインに応じている小柄(公称5尺7寸=173センチ)の若葉山(小結)の背自体がお乳ぐらいの高さしかなかったことを考え合わせると、私が憧れた二人の、まさに抜きん出た巨人ぶりは十分に想像してもらえるだろう。

語り部=内藤 明(両国在住・両国相撲甚句会幹事長)

月刊『相撲』平成31年4月号掲載 









PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事