close

2020-10-18

【アメフト】関学大が同志社大を圧倒。大村新監督初陣を飾る

第1クォーター残り1分4秒、関西学院大学のランニングバック三宅昴輝が1ヤードを飛び込みタッチダウン 撮影=佐藤誠

全ての画像を見る
神戸市王子スタジアムにおいて2020年10月17日(土)、18(日)関西学生アメリカンフットボールDiv.1トーナメントが開幕した。

 オープニングゲームは関西大と京都大が対戦。京都大が先制したが、関西大が副将ラインバッカー(LB)青根奨太のファンブルリターンタッチダウン(TD)とインターセプトリターンTDで逆転。関西大学が24-16で京都大を下した。

 立命館大は主将のランニングバック(RB)立川玄明の3タッチダウンで桃山学院大学を圧倒、36-3で勝利した。

 大村新監督初陣の関西学院大は同志社大と対戦。関西学院大は試合開始のキックオフをリターナー三宅昴輝がリターンTDし先制すると、55-13と大差をつけ同志社大を下した。

 神戸大はクロスゲームを制して、15-10で近畿大に勝利した。

 勝ち上がった4チームは11月8日(日)に神戸市王子スタジアムで対戦(*無観客試合)する。 撮影・文/佐藤誠

初陣を勝利でスタートした関西学院大の大村新監督 撮影=佐藤誠

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事