男女20㎞Wの東京五輪最終選考競技会である全日本競歩能美大会が、3月15日に行われた。男子優勝(1時間18分22秒)の池田向希(東洋大3年)と、女子優勝(1時間33分20秒)の藤井菜々子(エディオン)が代表に内定した。男子2位の高橋英輝(富士通)も、代表入りが確実になった。

写真上=全日本競歩能美大会で優勝した池田(左)が、東京五輪男子20㎞競歩代表に内定(撮影/田中慎一郎・陸上競技マガジン)

歩型への自信が勝負分ける

 男子は16.5㎞付近で鈴木雄介(富士通)が遅れ、池田と高橋英輝(富士通)のマッチレースになった。そのときに高橋は、「3番手の選手をやっと離すことができました」と少し安心したという。能美大会で2位以内に入れば、五輪代表入りが確実になる。

「池田が前に行ってくれましたが、2人のペースが落ちないよう、3分50秒前後のペースで押し切ろうとしました」

 だが、高橋は最後の周回で注意を出されたためにペースダウン。すでに警告が1枚出ていたため、立て続けに2枚警告を出されたら、ペナルティゾーンで2分間の待機をしなくてはいけなくなる。

「ラスト500mで注意を受けたので、最後は慎重にレースを運ぶことを選びました」

 一方の池田は今大会では、警告も注意も一度も受けなかった。

「英輝さんの気配は後ろに感じていましたが、ラストも強い気持ちで歩きました」

 2月の日本選手権では警告が多く出たが、池田は1枚にとどめた。これは昨年の世界選手権金メダリストで、日本選手権にも優勝した山西利和(愛知製鋼)と同じ数だった。昨年の世界選手権6位入賞時も、警告は出されなかった。歩型への自信が勝敗を分けた。

 五輪代表に内定した池田は、「現時点で金メダルが目標とは言えませんが、オリンピックまでに差を埋めて、目標は金メダルと言えるような準備をしていきます」と力強く話した。

 五輪2大会連続代表を確実にした高橋は「4年前は日本選手権で内定して喜べましたが、今は責任と自覚を持たないといけない」と、笑顔を見せなかった。

 高橋の正式発表は後日を待たなければならないが、“過去最も期待度が高い五輪代表トリオ”という声も挙がっている。

画像: 2位の高橋(左)は2月の日本選手権でも3位につけており、前回大会に続く代表入りが濃厚となった(写真/田中慎一郎・陸上競技マガジン)

2位の高橋(左)は2月の日本選手権でも3位につけており、前回大会に続く代表入りが濃厚となった(写真/田中慎一郎・陸上競技マガジン)

藤井の内定で女子は8年ぶり複数代表に

 女子は藤井と前日本記録保持者の渕瀬真寿美(建装工業)のマッチレースになったが、残り2.5㎞付近から藤井がリードを奪って優勝した。藤井は派遣設定記録の1時間30分00秒を突破済みで、勝てば五輪代表が内定する状況だった。1月に故障をしたことも考慮して、「代表をつかむことを優先した」という。

「1月上旬にケガをして2カ月間、苦しい期間が続きました。高校2年時に競歩に転向して、ここまで大きなケガをしたのは初めてです。不安もありましたが、たくさんの方のサポートのおかげで代表に内定できました」

 日本選手権優勝の岡田久美子(ビックカメラ)も、すでに代表が内定している。女子競歩の複数代表はロンドン五輪以来8年ぶりだ。

「競歩に転向して結果が出始めて、ダイヤモンドアスリートにも選んでいただき、いろいろな方と触れ合うことができました。岡田さんとも一緒に練習させていただく機会が増え、もっと強くなりたいと考えるようになりました。8月の五輪本番までに確実にレベルアップして、メダル獲得への挑戦を視野に入れられるようにしたい」

 昨年の世界選手権では岡田6位、藤井7位と初のダブル入賞を成し遂げた。女子競歩初の五輪入賞を期待できる2人が代表入りした。

文/寺田辰朗

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年4月号


This article is a sponsored article by
''.