陸上競技マガジンが把握している2019年度の記録で2020年シーズンの高校生最新ランキングを集計。種目ごとのトップ10とランキング1位の選手を紹介していく。各地でインターハイ予選の中止が決まる厳しい状況だが、静岡インターハイの無事開催を切に願う。

アツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭高3年・大阪) 撮影/太田裕史(陸上競技マガジン)

高2で全国大会二冠、アツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭高3年・大阪)

3月31日に規模を縮小して行われた奈良県北和記録会の男子砲丸投で、5投目に18m23をマーク。2015年の和歌山インターハイで幸長慎一(生光学園高・徳島、現・四国大院1年)が樹立した高校記録を2㎝超えた。

墨江丘中時代から高校1年まで全国大会に出場したことはなかったが、2年生になった昨年に飛躍。沖縄インターハイを16m89で制し、翌週には大阪の大会で高2歴代5位の17m02と自己記録を更新。10月のU18日本選手権は16m87で優勝を果たし、全国大会二冠を手にした。

冬期には、同世代の跳躍選手並みだという持ち前のバネを生かして、上半身を強化。バランスの良い体づくりを行ってきた。また、年末の合宿では元・日本記録保持者の山田壮太郎コーチの指導を受け、技術を磨いた。

今夏には、幸長が大学1年時に樹立したU20日本記録(19m07)の更新を目指すという。静岡インターハイでは同種目8人目の連覇と共に、大記録の誕生を予感させる。

文/石井安里


This article is a sponsored article by
''.