close

2020-10-23

【ボクシング】京口紘人に挑むタノンサックが公開練習「チャンスがあれば倒す」

「絶対に勝つ」とタノンサック

11月3日(祝・火)、大阪市のインテックス大阪でWBAスーパー世界ライトフライ級チャンピオン京口紘人(26=ワタナベ)に挑戦する同級10位のタノンサック・シムシー(20=タイ)が23日、大阪市内のグリーンツダジムで練習を公開した。

2ラウンドのスパーでは体幹の強さを印象付けた
2ラウンドのスパーでは体幹の強さを印象付けた

10月7日に来日し、2週間の隔離生活を送ったタノンサック。「2週間はきつかったが、部屋の中で朝と夕方に3時間ずつ、エアロバイクやシャドーで調整した。試合は絶対に勝つ。調子は良く、最高の環境で練習できていることに感謝したい」と語った。すでにタイでは100ラウンドのスパーリングをこなしてきたと言い、「チャンスがあれば倒す」と力を込めた。京口については「すべてがすごいチャンピオン」と印象を語った。


プーム・マネージャーのミットに速い連打を打ち込む

帯同したトレーナーは日本のファンにもおなじみの元WBC世界スーパーフライ級王者スリヤン・ソールンビサイ氏(31)。「アドバイスをすれば、すぐにできる。天才だと思う。私も自身満々だ」とタノンサックに期待を込めた。


左から日本で契約するグリーンツダジムの本石昌也会長、タノンサック、プーム・マネージャー、スリヤン・トレーナー

現在の体重は54キロ(ライトフライ級リミットは48.9キロ)で、減量は「問題ない」と笑顔を見せたタノンサック。2ラウンドのスパーリングでは回転の速いパンチを繰り出し、体幹の強さを見せた。視察したワタナベジムの井上孝志トレーナーは「今日の練習ではわからないが、強い選手だと思っている。足の使い方がいい」と見ていた。

試合はYouTubeの京口紘人チャンネルで生配信される。

ボクシング・マガジン 11月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月15日発売BBM0292011A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE【10.31ラスベガス展望大特集】井上尚弥「前半から中盤で倒す!」ジェイソン・マロニー「バンタム級の誰にでも勝てる」【展望...

取材◎加藤健太郎

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事