close

2020-11-10

ドラフト指名選手連続写真 大分商高・川瀬堅斗

大分商・川瀬堅斗

全ての画像を見る
10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議でオリックスから育成1位指名を受けた川瀬堅斗(大分商高)の投球フォーム。183センチの長身から投げ下ろすストレートは140キロ中盤をマークする。

兄はソフトバンク・川瀬晃

 昨秋の九州大会では準優勝に貢献。2020年甲子園交流試合では花咲徳栄高(埼玉)を相手に敗れはしたものの8回3失点の投球を見せた。

 兄はソフトバンク内野手の川瀬晃で、その同級生である森下暢仁(現・広島)に似たフォームが特徴的。

 育成1位という指名順位に「悔しい」気持ちを抱いたと言うが、「兄と同じリーグ。素晴らしい投手もそろっているので、頑張りたいです」と抱負を語った。

ベースボール・クリニック 11月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

アスリート・センタード・コーチング[6]/渋倉崇行 「指導者は投球動作のどこに着目しているか(前編)」 [野球専門医コラム]野球医学への招待[82]/馬見塚尚孝 投手の課題解決!ピンポイントセラピー[27]/浜田典宏 クラブチーム風土記[68] 福山ローズファイターズ[広島] 次号予告/編集後記 次号予告 ベースボール・クリニック 12月号は・・・11月17日(火)発売!! 投球動作評価の着眼点 ご購入はこちら 定期購読はこちら

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事