close

2021-01-10

【NFL】突如現れた「シンデレラQB」 ハイニケについて知っておくべきこと

【バッカニアーズ vs ワシントン】突如現れた「シンデレラQB」テイラー・ハイニケ==photo by Getty Images

全ての画像を見る

NFCワイルドカードプレーオフ(2021年1月9日)
タンパベイ・バッカニアーズ○31-23●ワシントン・フットボールチーム

NFLに突如現れた背番号4のシンデレラプレーヤーが、9日のワイルドカードプレーオフを盛り上げた。ワシントンのQBテイラー・ハイニケだ。

バッカニアーズとワシントンの1戦は、バッカニアーズの圧勝を予想するメディアが多かった。カンファレンス内順位こそ、地区優勝のワシントンが上だが、実際のチーム力は、「GOAT」QBトム・ブレイディに加え、レシーバー陣にもトップ級のタレントをそろえるバッカニアーズが優位。ワシントンの勝機は、NFL2位のディフェンスが、どこまでバッカニアーズオフェンスを押さえられるか次第というものだった。

前日の8日、ワシントンはエースQBのアレックス・スミスの負傷による不出場と、ハイニケの先発を発表。12月8日にプラクティススクワッドとして契約、19日にロースター登録された無名のQBハイニケに関心を払うメディアは皆無だった。だが、いざ試合が始まると、ハイニケは想像をはるかに超える活躍を見せた。


ハイニケはショットガン・スプレッド隊形から、左右にタイミングの速い長短のパスを、様々なレシーバー巧みに投げ分けた。レシーバーが見つからないと見るや、俊足を生かしたQBのキープランに出て、ファーストダウンを奪った。そうしたプレーでも、無用なコンタクトを避けて、早めのスライディングやアウトオブバウンズに出る冷静さも光った。

第3クオーターのTDは、スクランブルからエンドゾーン左のコーンに飛び込む果敢なプレー、ガッツのあるところも見せた。

終わってみれば、パス306ヤード1TD1INT、ランでもチームトップの46ヤード1TD。NFL史上最高のQBブレイディを相手に堂々と渡り合った。

【バッカニアーズ vs ワシントン】突如現れた「シンデレラQB」テイラー・ハイニケ==photo by Getty Images
【バッカニアーズ vs ワシントン】突如現れた「シンデレラQB」テイラー・ハイニケ。クイックリリースが持ち味だ=photo by Getty Images

メディアだけでなくSNSなどでも、ハイニケに対する驚きと賞賛があふれた。

ハイニケは、1993年3月生まれ、ジョージア州出身の27歳だ。オールドドミニオン大学では1年生から先発し、2年生の2012年にはパス5076ヤード44TD、ラン470ヤード11TDという驚異的な活躍でウォルター・ペイトン賞も獲得した。

この賞は、NFLの同名の賞とは全く別で、カレッジフットボールのフットボール・チャンピオンシップ・サブディビジョン(FCS、旧ディビジョン1AA)で最も傑出したオフェンスの選手に贈られる。過去にはスティーブ・マクネア(元タイタンズ)、トニー・ロモ(元カウボーイズ)といった名選手も受賞しており、ハイニケの翌年に受賞したのがジミー・ガロポロ(49ナース)だ。

ハイニケが3年生時に、オールドドミニオン大が、下位のFCSから最上位カテゴリーのFBSに昇格したため、パス成績は若干ダウンしたが、4年間でパス14,959ヤード132TD、ラン1320ヤード22TDという数字で、大学のパス記録を軒並み塗り替えた。運動能力が高く、40ヤードは4秒6、垂直跳びは89センチ。さらに大学3,4年次にはパンターも兼任して、最長61ヤードのパントを蹴ったこともあったという。

ただ、NFLの各チームからは、183センチ97キロというサイズと、パス優先のシステムで作った成績を低く評価された。ドラフトでは指名されず、2015年にミネソタ・バイキングスにルーキーFAで入団後、各チームを転々とした。2020年は新興リーグのXFLのチームと契約したが、実際にプレーすることなくリーグが破綻、ワシントンに拾われるまでは、浪々の身だった。第16週、12月27日のパンサーズ戦の第4クオーターに登場したのが、ほぼ2年ぶりの実戦だった。

ワシントンは、2019年の1巡15位指名だったQBドゥエイン・ハスキンスを、成績の悪さに加え、フィールド外の素行も問題視して12月に解雇したばかり。エースQBのスミスは、2年前の大きな負傷から復活したとはいえ36歳。今オフに後継QBを探す必要があった。

突然現れたニューヒーローは、この1年トラブル続きだったチームの救世主になるのだろうか。

【バッカニアーズ vs ワシントン】スクランブルに出る「シンデレラQB」テイラー・ハイニケ。巧みなランも魅力だ=photo by Getty Images
【バッカニアーズ vs ワシントン】スクランブルに出る「シンデレラQB」テイラー・ハイニケ。巧みなランも魅力だ=photo by Getty Images

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事