close

2021-02-22

【競泳】池江璃花子が東京都オープンで復帰後初優勝

東京都オープン女子50mバタフライで優勝した池江(撮影◎田中慎一郎/スイミング・マガジン)

競泳の東京都OPEN第2日は21日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子50mバタフライでは池江璃花子が25秒77で復帰後初優勝を果たした。

「25秒台が出るとは思っていなかったので、すごくビックリしたし、うれしかったです」

予想以上のタイムに、驚きを隠さなかった。目標としていたのは26秒1。今季の日本ランキング1位になるために必要なタイムだ。それを大幅に上回るだけでなく、日本学生新も樹立。さらには直近の世界選手権で、このタイムを出せば決勝に残ることができるワールドクラスの泳ぎだった。

そして白血病の療養から復帰後初優勝には「どんな試合でも1位を取れたということはうれしいです。予選ではなく、決勝で1位になれて、タイムもついてきたことは、今後に向けて自信になります」と、素直に喜びを表現した。

これで五輪代表選考会となる4月の日本選手権には50、100m自由形、50、100mバタフライの4種目で参加標準記録を突破。「日本選手権には出場する方向で決まっている」と話し、出場種目については今後、関係者と検討していく。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事