close

2021-03-15

【NFL】セインツのQBブリーズが引退 現役20年、史上1位パス80358ヤード

20年の選手生活に別れを告げたセインツのQBブリーズ=photo by Getty Image

全ての画像を見る

 米プロフットボールNFL、ニューオーリンズ・セインツのQBで、史上最多パス獲得ヤードなど多くの記録を持つドリュー・ブリーズが、現地3月14日、現役引退を発表した。42歳のブリーズは、SNSで「私は、皆さんのクォーターバックであることに心血を注いできました。セインツのオーガニゼーション、チーム、そして偉大な街・ニューオーリンズのために、自分の持てる力のすべてを出し切りました」とコメントし、20年の現役生活に別れを告げた。

第44回スーパーボウルで優勝し、ロンバルディートロフィーを掲げるセインツのQBブリーズ=photo by Getty Images
第44回スーパーボウルで優勝し、ロンバルディートロフィーを掲げるセインツのQBブリーズ(2010年2月7日)=photo by Getty Images

 NFL史上1位の通算パス獲得距離80358ヤードという記録を持つブリーズは、サンディエゴ(現ロサンゼルス)・チャージャーズで5シーズン、セインツで15シーズンQBとして活躍してきた。

 レギュラーシーズン286試合に先発し、172勝114敗。ポストシーズンは9勝9敗。セインツの15シーズンでプレーオフに9回進出した。2009年シーズンにはスーパーボウルに優勝し、スーパーボウルMVPにも輝いた。

 2020年は肋骨骨折など負傷を負い、第10週の49ナーズ戦の途中から欠場したがシーズンの終盤に復活、地区優勝でプレーオフに進出した。しかし、ディビジョナルラウンドで、QBトム・ブレイディ率いるタンパベイ・バッカニアーズに敗れ、シーズンを終えていた。

 その試合後、スーパードームのフィールドで家族と共に私服姿でブレイディと語り合う姿が、話題となっていた。

現役最後の試合となったバッカニアーズ戦終了後、QBブレイディと言葉を交わして別れるセインツのQBブリーズ(2021年1月17日)=photo by Getty Images
現役最後の試合となったバッカニアーズ戦終了後、QBブレイディと言葉を交わして別れるセインツのQBブリーズ(2021年1月17日)=photo by Getty Images

 ブリーズは自身のSNSアカウントで、4人の子どもたちの動画と共に、以下のようなメッセージを発信した。

「After 20 years as a player in the NFL and 15 years as a Saint, it is time I retire from the game of football. 

NFLの選手として20年、セインツの選手として15年、私がフットボールのゲームから引退する時がきました。

Each day, I poured my heart & soul into being your Quarterback. Til the very end, I exhausted myself to give everything I had to the Saints organization, my team, and the great city of New Orleans. 

日々、私は、皆さんのQBであることに心と魂を注いできました。セインツのオーガニゼーション、チーム、そして偉大な街・ニューオーリンズのために、自分の持てる力のすべてを出し切りました。本当に最後の最後までです。

We shared some amazing moments together, many of which are emblazoned in our hearts and minds and will forever be a part of us. 

私たちは一緒にいくつもの素晴らしい瞬間を共有しました。その多くは私たちの心に刻まれ、永遠に私たちの一部となるでしょう。

You have molded me, strengthened me, inspired me, and given me a lifetime of memories. My goal for the last 15 years was striving to give to you everything you had given to me and more.

皆さんは、私を鍛え、強くし、力を吹き込み、そして一生の思い出を与えてくれました。この15年間の私のゴールは、皆さんが私に与えてくださったすべてのものを、それ以上のものを、皆さんにお返しするように努力することでした。

I am only retiring from playing football, I am not retiring from New Orleans. This is not goodbye, rather a new beginning. Now my real life‘s work begins!

私は、フットボールから引退するだけであって、ニューオーリンズから引退するわけではありません。これはお別れではなく、新しい始まりです。今、これから私の本当のライフワークが始まるのです。」

現役最後の試合となったバッカニアーズ戦でパスを投げるセインツのQBブリーズ=photo by Getty Images
現役最後の試合となったバッカニアーズ戦でパスを投げるセインツのQBブリーズ=photo by Getty Images

 セインツは球団の公式サイトトップに
「ありがとう 9 ドリュー」
というバナーを掲載し、チーム史上最高の功労者に惜別と感謝の意を伝えた。

 セインツのゲイル・ベンソンオーナーは

「ドリューが、ニューオリンズ・セインツでの15年間、NFLでの20年間の選手生活を通じて積み上げてきたことは、彼のすべての記録、賞、称賛を超えて、もっと大きな価値を持ちます。リーグの歴史上最も偉大な選手の一人です。」
「彼はゲーム、そして(QBという)ポジションを最高のレベルでプレーしましたが、それと同じくらい重要なことは、私たちの組織と地域を最高の形で代表したことです。」

と、フィールド外の社会貢献にも注力したブリーズに心からの謝意を示した。

ワイルドカードのベアーズ戦でパスを決めて喜ぶセインツのQBブリーズ=photo by Getty Images
ワイルドカードのベアーズ戦でパスを決めて喜ぶセインツのQBブリーズ=photo by Getty Images

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事