close

2021-03-20

【プロレス】新日本3・20仙台大会が地震で一時中断

会場となったゼビオアリーナ仙台

全ての画像を見る

会場となったゼビオアリーナ仙台

 新日本3・20仙台の大会途中、宮城県沖を震源とする強い地震が発生し(会場があった宮城県仙台市太白区は震度4)、興行が一時、中断された。
 地震が発生したのは、第4試合の飯伏幸太&棚橋弘至&オカダ・カズチカvsジェイ・ホワイト&KENTA&高橋裕二郎の試合途中。会場上部のビジョンが大きく波打つなどの強い揺れで、すぐに試合は中断。

迅速な場内アナウンスもあり、観客は客席についたまま、冷静に行動。中断の最中、BULLET CLUBのジェイはIWGP2冠&NEVERのベルトを手にして、ほかのメンバーとともに一旦、バックステージに引き揚げた。棚橋はエアギターを奏で、飯伏、オカダとともにポーズを決めるなどして、観客を落ち着かせるような行動を取り続けた。

会場の安全確認等をおこなったのち、約25分後に興行再開。場内には「つぎに大きな揺れがあった場合は本日の興行は中止となります」とのアナウンスがあった。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事