close

2021-04-04

池江が女子100mバタフライ制す「まさか優勝できるとは思わなかった」

女子100mバタフライを制した池江(写真◎小山真司/スイミング・マガジン)

競泳の東京五輪代表選手選考会を兼ねた日本選手権の第2日が4日、東京アクアティクスセンターで行われ、女子100mバタフライでは池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝した。また、メドレーリレーのリレー派遣標準も突破し、リレー代表に大きく近づいた。

池江のコメント
「まさか100mバタフライで優勝できるとは思っていなかったですし、5年前のオリンピック代表選考会よりも、ずっと自信もなかったし、自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていました。勝つための練習もしっかりやってきたし、最後はただいまという気持ちで、このレースに入場してきた。自分がすごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思いました」

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事