close

2021-04-25

【プロレス】武藤敬司が新鋭・飯塚孝之の突き上げを振り切って、いざ2度目のG1へ! 1992年7月8日

飯塚孝之に握手を求める武藤敬司

 1992年7月8日、新日本プロレス横浜大会で武藤敬司が飯塚孝之とのシングルマッチに臨んだ。

 飯塚は欧州海外武者修行から同年3月に凱旋帰国したばかりの新鋭。後輩の突き上げを迎え撃つ形となった武藤はじっくりとした攻防で応戦。ムーンサルト・プレスをよけられた後にヒザ十字固めを食らってピンチを迎えたが、最後は振り切って勝利を収めた。

 この一戦の2日後には「G1クライマックス(NWA世界ヘビー級王座決定トーナメント)」のトーナメント表が発表され、前年度準優勝者の武藤は大本命として真夏の祭典に臨む。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事