close

2021-04-20

【ソフトボール】選手が選ぶ何でもランキング(8)グラブさばきNo.1は?

グラブさばき部門で1位に輝いた渥美万奈(トヨタ自動車)

全ての画像を見る
ソフトボール・マガジン5月号(3月24日発売)に掲載した『選手が選ぶ何でもランキング』。この企画は、日本女子1部リーグ選手へのアンケート結果をもとに、全10部門の「リーグナンバーワン」をランキング形式で発表したものです。今回はソフトボール・マガジンWEBでその一部を紹介します。戦う相手だからこそ分かる選手のすごさ、魅力とは…。その選出理由にも注目です! 

1位=39票
渥美万奈(トヨタ自動車/内野手)
【選出理由】
肩も良く守備範囲も広くて上手/ボールが喜んでグラブに入っていってる!!ボールが友だち!!/静かでキレイな守備/軽やかな動きと、柔らかいハンドリング/滑らかに守備する/難しい打球でも平然とさばく。何かありました?みたいな雰囲気を感じる!

▲グラブさばき部門で1位に輝いた渥美万奈(トヨタ自動車)

2位=30票
鈴木鮎美(日立/内野手)
【選出理由】
野生動物のような身体能力/守備範囲の広さ、球際の強さ、すべてにおいてかっこいい!!/三遊間抜けない絶対/反応速過ぎ/堅実/打球の反応が鬼/正確性、スピード感がすごい/バント処理がめちゃ速い/ステップが軽くて、何でも捕れそう

 ▲グラブさばき部門で2位の鈴木鮎美(日立)

3位=13票
市口侑果(ビックカメラ高崎/内野手)
【選出理由】
グラブさばきが華麗/どんな打球も確実に捕ってアウトにする/グラブさばきがカッコいい。すごくうまい/堅実な守備力が印象的/軽やかで身のこなしがすごい

 7月号(5月24日発売予定)では、10部門で上位に選手された選手に技術解説をしていただく予定です。こちらもお楽しみに!

※本アンケートは2021年シーズンの日本女子1部リーグ所属チームの選手にご回答いただきました。
※本アンケートは無記名で行われ、2021年シーズンの日本女子1部リーグでプレーする選手の中から、各部門で原則1名を選んでいただきました。ソフトボール・マガジン 5月号

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事