close

2021-04-26

【アメフト】Xリーグ、春の公式戦をすべて中止に

Xリーグは2年連続で、春の公式戦が消滅した=2019年のパールボウル準決勝で対戦した【富士通・オービック】 撮影:小座野容斉

全ての画像を見る

 アメリカンフットボールのXリーグを運営する、日本社会人アメリカンフットボール協会は4月26日、5月・6月に予定していた春季公式戦すべての開催を取り止めると発表した。23日に東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に出された「緊急事態宣言」へ対応で、2年連続で春シーズンの公式戦が消滅した。

 取り止めとなる春季公式戦は以下の通り。
東日本=X1Super 春季交流戦、 X1Area 春季交流戦、 X2 春季交流戦、 X3 春季交流戦
西日本=グリーンボウルトーナメント、グリーンボウルチャレンジ、ジュニアトーナメント

 同協会は「春季公式戦にご期待くださっていた皆様には誠に申し訳ありませんが、事情をご賢察のうえ、ご理解くださいますようお願い申し上げます。この困難な状況を乗り越えスタジアムでまた皆さまと再会できる日を楽しみにしています」としている。

 緊急事態宣言への対応は、学生アメフトでは、関西学生連盟と関東学生連盟が、緊急事態宣言中の4都府県下での試合を中止とした。一方で、両連盟は、宣言解除後には一定の条件のもとに試合を再開する構えも見せている。


 Xリーグでも、関西を拠点とする各チームは、5月下旬以降に大学の有力校とオープン戦を組んでおり、これらの試合は中止とはなっていない。

Xリーグは2年連続で、春の公式戦が消滅した=2019年のパールボウル準決勝で対戦した【IBM・ノジマ相模原】 撮影:小座野容斉

Xリーグは2年連続で、春の公式戦が消滅した=2019年のパールボウル準決勝で対戦した【IBM・ノジマ相模原】 撮影:小座野容斉

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事