close

2021-05-23

【プロレス】清宮海斗が大流血の末にNOSAWA論外にリングアウト負けで発狂「これがNOAHのプロレスか!? わかんねぇよ! うぁああ!」

試合前、清宮海斗と握手するNOSAWA論外

全ての画像を見る
 5月22日、NOAH横浜大会で新世代の旗手・清宮海斗が荒れ狂った。

 試合はNOSAWA論外とのシングルマッチ。試合開始から論外の足攻めに対して、清宮は左腕攻めで対抗。テクニカルな攻防が繰り広げられる中で清宮は場外で論外のイス殴打をもろに食らってしまう。

 これで清宮は大流血。何とかリングに戻ったものの、待っていたのは論外の非情なキズ口への集中攻撃だ。どうにか互角の展開に持ち込んだが、10分経過過ぎ、論外のセコンドである鈴木鼓太郎がエプロンに上がる。
 
 鼓太郎にレフェリーが引きつけられてる間に論外が急所蹴り。イスを持ち出すも清宮は殴打をよけてドロップキック。場外戦へとなだれ込んだ。

 論外は清宮を客席へ投げ飛ばすと、倒れた清宮にイスを投げまくり、トドメに脳天をイス殴打。自身はリングに戻って、リングアウト勝ちを収めた。

 試合後の清宮は激高。文字にならない言葉を叫びながらセコンドの稲村愛輝や西永レフェリーにまで当たり散らしてた。場内は清宮の流した血をふき取るためにメインイベント開始までしばらく清掃時間が設けられる異常事態に…。

 まんまと勝利をかっさらった論外は「こんなもんだろ。アイツ(清宮)悩んでるんだろ? そんなのオレには関係ねぇんだ。悩んでプロレスなんかやってんじぇねぇよ! でも、勝ちは勝ちだから」とコメント。その後に「清宮の喜怒哀楽の怒を見たかった」と意味深な言葉も残していた。
 
 一方の清宮は「なんだよ! これがプロレスか!? これがNOAHのプロレスか!? わかんねぇよ! うぁああ! うぁああああああああ!!」と錯乱状態。2018年12月にGHCヘビー級最年少王者となってNOAHに新しい景色を見せ続けてきた24歳の若者がプロレスという迷路に迷い込んでいる。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事