close

2021-06-02

【アーカイブ】1964年の聖火ランナー全掲載 富山編 のちの“オリンピックおじさん”の故郷を聖火が駆ける

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

今大会の聖火リレーは33個目の都道府県となる富山県につながれている。1964年大会の聖火リレーで富山県は72名の正走者が聖火をつないだ

全ての画像を見る
3月25日、福島県からスタートしたTOKYO2020の聖火リレーは、33個目の都道府県となる富山県につながれている。世は新型コロナウイルスとの戦いの途上、それでもオリンピックのシンボルが日本全国、希望の道をつないでいく。

さて57年前、日本で初のオリンピック開催となった1964年東京大会の聖火リレーの全正走者名簿が、当時小社が発行した『スポーツ・マガジン』10月号に掲載されている。

1964年9月9日、鹿児島県、宮崎県、北海道の3カ所からスタート(北海道スタートの聖火は青森県で二手に分かれた)し、10月10日の最終ランナー坂井義則氏まで、その数、全4341人。これはそれなりに貴重な資料だろう。


1964年10月に発行された『スポーツマガジン10月号』の表紙。ここに聖火ランナー(正走者)4341人の全リストが掲載されている


57年前の聖火リレーは4つのコースに分かれて日本国中を巡り、皇居前で一つにまとまって国立競技場まで繋がれた

インターネットという新たな情報伝達ツールが全盛を迎えている今、57年の時を経て改めて、紛れもなく1964年東京オリンピックの一部を彩った聖火ランナーたちの名前を、歴史と記録に刻み直すことが当社の使命であると考えた。

今年の聖火リレーが走るタイミングに合わせて、「57年前の聖火ランナー(正走者)」の名前を、都道府県別にリレー方式で刻んでいくこの連載。

第33回目の今回は「富山県」。

1964年10月1日、石川県から小矢部市で引き継いだ聖火は県内北部の国道8号線沿いに東へと走る。高岡市、富山市、滑川市と経由して、10月2日に新潟県へとつながれた。

余談だが、“オリンピックおじさん”の愛称でおなじみの山田直稔さん(故人)は富山県出身。

1964年の東京オリンピックの観戦をきっかけに、その後2012年のロンドン五輪まで、なんと夏季13大会連続で現地に馳せ参じ、ド派手な格好と応援で日本選手団を鼓舞し続けた(日本選手団が参加をボイコットした1980年のモスクワ五輪も現地観戦している)。

山田さんは1964年当時、すでに38歳。地元を離れて会社を設立していたが、きっと地元・富山を走る聖火を応援していたことだろう。

山田さんは2019年の3月に亡くなったが、生前は2020年、66年ぶりとなる地元・東京大会での応援を心待ちにしていたという。

57年前に富山を駆け抜けた聖火ランナーの正走者72名は、こちらだ。
※氏名は『スポーツ・マガジン 10月号』に掲載された情報通りです。

 

1964年東京オリンピック聖火ランナー
【富山県】
1964年10月1日〜2日 第1コース 72名

1 柴 美智子
2 山水 裕
3 山本 清
4 松尾 秋生
5 江向 耕一郎
6 竹内 絹子
7 黒川 恒子
8 山本 久男
9 藤井 成正
10 山崎 彰
11 大橋 軒司
12 杉本 ゆき子
13 高藤 千鶴子
14 金森 勝
15 西岡 良夫
16 林 貞宰秀
17 赤田 純三
18 石丸 徳幸
19 北本 宏
20 石丸 憲次
21 川腰 喜久雄
22 萩野 英和
23 四柳 政吉
24 宮島 久雄
25 桑原 幸夫
26 藤井 勝之
27 藤田 朗
28 武部 尚志
29 柴田 美和子
30 四十万 隆
31 永森 真佐子
32 開発 邦彦
33 中田 十二
34 高森 博之
35 中村 和郎
36 青山 裕照
37 宮成 与一
38 姿 善元
39 表 稔和
40 堀井 信義
41 高原 一和
42 河合 友久
43 吉井 美恵子
44 清水 卓児
45 安川 希久男
46 藤元 宗義
47 島 安夫
48 宮坂 満夫
49 常楽 真佐子
50 大門 孝信
51 橋崎 秋吉
52 有沢 等
53 河上 幹雄
54 高橋 進
55 飯野 吉明
56 森丘 芳郎
57 得能 真昭
58 飯田 喜七
59 米沢 克信
60 守山 弘親
61 多筥 秀正
62 藤塚 正一
63 三日市 寛司
64 坂東 慶幸
65 堀内 武志
66 館田 靖彦
67 松本 研一
68 松浦 美津子
69 柳本 勝弘
70 長津 博子
71 安養 博美
72 横山 政則



次回の1964東京五輪聖火ランナー全リストは6月4日に「新潟県編」を掲載予定です。


PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事