close

2021-06-06

【陸上】「最後まで集中できた」山縣亮太が完全復活! 男子100m9秒95の日本新!

日本新を樹立した山縣 写真/早浪章弘(陸上競技マガジン)

全ての画像を見る
6月6日、鳥取県・布勢総合運動公園陸上競技場(ヤマダスポーツパーク陸上競技)で行われた布勢スプリント2021男子100mで、山縣亮太(セイコー)が9秒95(追い風2.0m)の日本新記録で優勝を果たした。

 この日は予選で10秒01をマークし、当面の目標としていた東京五輪参加標準記録(10秒05)を突破。さらなる好記録が期待されるなか迎えた決勝。山縣は力みのない動きで好スタートを切ると、30m過ぎから徐々に加速。前半の強さが武器の多田修平(住友電工)とほぼ並走する形でレースを進めると、60m過ぎからさらにギアを上げ、多田を振り切った。

 フィニッシュライン横にある電光掲示板には、速報タイムとして日本タイ記録の9秒97が表示。山縣は小さくガッツポーズをつくると、あとは公認記録となる追い風2.0m内となるか含めて、確定タイムを待った。確定タイムは9秒95に変わり、追い風も2.0と表示されると、すぐさま山縣はフィニッシュ付近にある電光掲示板に歩み寄り、笑顔でカメラマンの記念撮影に応えた。

「多田選手との勝負に、最後まで集中力を切らさずに走れました」


最後まで集中していたという山縣は、多田(右)との競り合いを制した 写真/早浪章弘(陸上競技マガジン)

 従来の日本記録はサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が2019年にマークした9秒97。これまでの山縣の自己ベストは日本歴代4位タイの10秒00(2017年、18年に1回ずつマーク)だった。

 山縣は、2019年以降、背中の痛み等で思うような走りができず、コロナ禍の昨シーズンも走りがかみ合わずに10月の日本選手権を欠場。しかし、この冬期練習で体づくりから再スタートを切り、今季は4月の織田記念を10秒14で制するなど、徐々に調子を上げてきいていた。

 山縣に続く2位に入った多田も日本歴代6位の10秒01と、五輪参加標準記録を突破。これで日本男子100mは、山縣、サニブラウン、この日は予選で10秒01(追い風2.6m)を走り決勝を欠場した桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)と合わせて5名の標準突破者に。

 6月24日から始まる日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)では、標準突破者が決勝3位以内に入れば五輪代表に内定するため、文字通り史上最高レベルの戦いは必至となる。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事