close

2021-06-09

【アーカイブ】1964年の聖火ランナー全掲載 秋田編 燃え盛る聖火の下、秋田の英雄が力強く選手宣誓

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

今大会の聖火リレーは36個目の都道府県となる山形県につながれている。1964年大会の聖火リレーで山形県は191名の正走者が聖火をつないだ

全ての画像を見る
3月25日、福島県からスタートしたTOKYO2020の聖火リレーは、36個目の都道府県となる秋田県につながれている。世は新型コロナウイルスとの戦いの途上、それでもオリンピックのシンボルが日本全国、希望の道をつないでいく。

さて57年前、日本で初のオリンピック開催となった1964年東京大会の聖火リレーの全正走者名簿が、当時小社が発行した『スポーツ・マガジン』10月号に掲載されている。

1964年9月9日、鹿児島県、宮崎県、北海道の3カ所からスタート(北海道スタートの聖火は青森県で二手に分かれた)し、10月10日の最終ランナー坂井義則氏まで、その数、全4341人。これはそれなりに貴重な資料だろう。


1964年10月に発行された『スポーツマガジン10月号』の表紙。ここに聖火ランナー(正走者)4341人の全リストが掲載されている


57年前の聖火リレーは4つのコースに分かれて日本国中を巡り、皇居前で一つにまとまって国立競技場まで繋がれた

インターネットという新たな情報伝達ツールが全盛を迎えている今、57年の時を経て改めて、紛れもなく1964年東京オリンピックの一部を彩った聖火ランナーたちの名前を、歴史と記録に刻み直すことが当社の使命であると考えた。

今年の聖火リレーが走るタイミングに合わせて、「57年前の聖火ランナー(正走者)」の名前を、都道府県別にリレー方式で刻んでいくこの連載。

第36回目の今回は「秋田県」。

1964年9月20日、矢立峠で青森県から引き継いだ聖火は、まずは日本海側の能代市へと向かい、その後北から南へと計6日間かけて秋田県を駆け抜け、山形県へと引き継がれた。

余談だが、1964年の東京オリンピックで選手団の主将を務めた小野喬は秋田県能代市の出身。秋田県を含め日本全国を回った聖火は10月10日、国立競技場の聖火台へと点火されたが、その直後、選手団主将・小野の選手宣誓が世界中に響き渡った。

「私はすべての競技者の名において、オリンピック競技大会の規約を尊重し、スポーツの栄光とチームの名誉のために、真のスポーツマン精神をもって大会に参加することを誓います」

57年前に秋田を駆け抜けた聖火ランナーの正走者191名は、こちらだ。
※氏名は『スポーツ・マガジン 10月号』に掲載された情報通りです。

 
1964年東京オリンピック聖火ランナー
【秋田県】
1964年9月20日〜9月26日 第3コース 191名

1 杉本 寛治
2 小畑 覚
3 関 四郎
4 富山 正志
5 若狭 藤男
6 安藤 重夫
7 阿部 重和
8 佐々木 充男
9 成田 久博
10 安藤 一
11 山本 平三郎
12 阿部 林一
13 武内 一美
14 野呂 昭吉
15 船木 和子
16 高橋 和平
17 熊田 順一
18 野崎 俊雄
19 長崎 則夫
20 新堀 靖夫
21 原田 昇養
22 桜庭 一男
23 中村 勇
24 北村 考
25 岩淵 友則
26 小山 芳明
27 金倉 一郎
28 桐越 一英
29 桜庭 孝一郎
30 村上 秀行
31 河田 武弘
32 成田 勝
33 中島 政志
34 中田 次夫
35 山田 雅弘
36 佐々木 正嘉
37 穴山 芳弘
38 簾内 久
39 高橋 智穂子
40 菊池 啓子
41 菊池 マキ子
42 加藤 文子
43 原田 智子
44 田中 級夫
45 松岡 藤也
46 永塚 博
47 斎藤 和子
48 加藤 隆
49 山谷 博之
50 小笠原 誠
51 大高 啓市
52 設楽 克己
53 安岡 俊彦
54 袴田 重夫
55 井上 邦子
56 八柳 三彦
57 腰丸 幸市
58 秋元 猛
59 塚本 鋼蔵
60 工藤 喜弘
61 三浦 芳信
62 田中 昭博
63 小野 克己
64 金子 良敏
65 杉沢 弘秋
66 信太 理紀雄
67 高橋 常雄
68 牧野 富士雄
69 渡辺 清則
70 平塚 和子
71 近藤 房夫
72 柴田 武則
73 野呂田 春雄
74 加藤 文直
75 吉田 正信
76 村井 銈一
77 柳田 英助
78 伊藤 英一
79 小川 勉
80 鈴木 明美
81 三浦 嘉昭
82 門間 徳男
83 山平 重明
84 佐藤 義久
85 笹川 雅芳
86 間杉 諭
87 沢畑 克実
88 上村 千代志
89 鈴木 忠二
90 鈴木 斌次郎
91 佐々木 正孝
92 熊谷 憲鑞
93 藤原 則夫
94 長谷川 健治
95 鎌田 信一郎
96 石井 裕子
97 石崎 英夫
98 田淵 ふじき
99 中川 衛
100 佐々木 福松
101 加藤 浩
102 鈴木 肇
103 菊池 俊美
104 近藤 隆司
105 佐々木 信吉
106 金森 昌隆
107 阿部 久栄
108 大野 勝三
109 竹本 広孝
110 高橋 弘
111 鈴木 政治
112 佐藤 昭
113 山上 紘太郎
114 伊藤 錚悦
115 渡辺 忠美
116 加藤 秀雄
117 佐川 捷節
118 堀松 与三郎
119 菊地 信一
120 阿部 ひな子
121 加藤 裕之
122 会場 一男
123 高橋 和夫
124 進藤 浩造
125 進藤 郁夫
126 今野 恵淳
127 斎藤 繁治
128 武藤 裕三
129 斎藤 宏太郎
130 岡田 佑一
131 鈴木 久雄
132 高橋 守
133 佐藤 スヨ
134 渡辺 浩光
135 久米川 儀雄
136 佐々木 正次
137 吉野 繚子
138 佐藤 四郎
139 木村 敏雄
140 佐々木 広一
141 三浦 和夫
142 古屋 敏美
143 布目 卓
144 川村 朱実
145 森元 多美弥
146 高橋 房子
147 藤谷 欣平
148 鈴木 一郎
149 渋谷 竜二
150 伊藤 誠幸
151 粟津 節子
152 斎藤 重勝
153 桐原 昭夫
154 山本 五郎
155 照井 順
156 千田 保夫
157 高橋 香子
158 村上 成三
159 加川 三郎
160 安藤 容園
161 小川 民生
162 最上屋 靖一
163 大沢 昌一
164 斎藤 純治
165 畠山 敬介
166 栗田 光明
167 高階 栄
168 高橋 修一
169 佐藤 長右衛門
170 伊藤 則夫
171 佐々木 憲一
172 柿崎 直
173 富沢 勇一
174 大石 定雄
175 前田 豊明
176 鈴木 七朗
177 加藤 実
178 武石 亮司
179 横山 邦雄
180 渡辺 照夫
181 佐藤 正
182 金沢 学助
183 佐藤 武
184 毛利 学治
185 大久保 久俊
186 東海林 康夫
187 沼倉 幸男
188 菅 吉夫
189 伊勢 好彦
190 小松 隆治
191 藤田 昭一



次回の1964東京五輪聖火ランナー全リストは6月10日に「青森県編」を掲載予定です。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事